『いのち』  瀬戸内寂聴 著  (講談社、1512円)

『いのち』  瀬戸内寂聴 著  (講談社、1512円)
『いのち』  瀬戸内寂聴 著  (講談社、1512円)
写真を見る

 著者の心を揺すぶり、影響を与えた男たち。若いころは競い合い、今は旅立ってしまった河野多恵子や大庭みな子ら親しかった女性作家たち-。90歳を過ぎて老いと死を切実に感じる著者が、がんや心臓病といった大病に見舞われながらも書き上げた「最後の長編小説」。

=2018/02/19付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]