『生ける屍の死』  山口雅也 著  (光文社文庫・上下各842円)

 1989年に発表された長編デビュー作の全面改稿版。アメリカ各地で死者の蘇(よみがえ)りという奇妙な出来事が起こる。田舎町で霊園を経営するバーリイコーン一族。相続問題を抱える一族の青年グリンも殺されるが、生き返って自ら真相に迫る。“生ける屍”が事件を追う異色のミステリー。

=2018/09/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]