『金栗四三-消えたオリンピック走者』  佐山和夫 著  (潮出版社、850円)

『金栗四三-消えたオリンピック走者』  佐山和夫 著  (潮出版社、850円)
『金栗四三-消えたオリンピック走者』  佐山和夫 著  (潮出版社、850円)
写真を見る

 日本人として初めてオリンピック(1912年ストックホルム大会)に参加した金栗四三。マラソン競技の最中に意識がもうろうとなり、脱落。現地で「消えた謎の日本人」とされた。その足跡をたどるとともに、日本マラソンの礎を築いた金栗の生涯を追う。

=2019/01/08付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]