『悪のAI論』  平和博 著  (朝日新書・918円)

 新聞社のIT専門記者が社会に浸透する人工知能(AI)の危険性を指摘。新卒採用の選考や犯罪予測などをAIにゆだねることで起きる不当評価。ビッグデータを使った世論操作。会話の盗聴や検索・購買履歴のプライバシーなど、AI依存社会に警鐘を鳴らす。

=2019/04/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]