日田下駄 キムタク映画に 9センチヒール「形がおしゃれ」

映画「無限の住人」に登場する「はいひーる下駄」を手掛けた本野さん(右)と後藤さん=4月、大分県日田市
映画「無限の住人」に登場する「はいひーる下駄」を手掛けた本野さん(右)と後藤さん=4月、大分県日田市
写真を見る

 元SMAPの木村拓哉さんが主演して公開中の時代劇映画「無限の住人」に、大分県日田市特産の杉で作られた「はいひーる下駄(げた)」が登場している。

 かかとの高さは9センチ。伝統工芸の「日田下駄」を製造販売する「本野はきもの工業」の3代目、本野雅幸さん(35)が「若い人にも気軽に履いてもらいたい」と考案。同県九重町の木工職人、後藤文生さん(32)と一緒に試作を重ね、2009年秋から販売している。

 形がおしゃれで珍しく、昨年2月、映画の小道具を手掛ける会社から連絡を受けて実現した。劇中では、アクション用に鼻緒を替えて黒く着色し、俳優の戸田恵梨香さんと栗山千明さんが履いている。

 「ようやく時代のニーズに合うようになったのかな」と後藤さん。“キムタク効果”とともにブーム到来を期待する。


=2017/05/01付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]