佐世保 横尾監督の映画「ゆらり」公開 出演の妻遠藤さんとあいさつ

 佐世保市出身の映画監督横尾初喜さん(38)の長編初作品「ゆらり」の上映が24日、同市島地町の映画館「シネマボックス太陽」で始まった。初日は、横尾監督が、妻で今作に出演する女優遠藤久美子さん(39)と舞台あいさつに登場。「全国を回ってきたが、地元でできて一番うれしい」と喜びを語った。

 映画は、脚本家西条みつとしさんの同名舞台が原作で、石川県の民宿を舞台に三つの家族が絆を取り戻していくストーリー。昨年11月から全国で順次公開されている。

 舞台あいさつには横尾監督を幼い頃から知る人や同級生なども駆けつけた。遠藤さんは「撮影現場は雰囲気がとにかくよかった」と振り返り、横尾監督は「ロングラン上映できるようにしたい」と意気込んだ。

 横尾監督の次回作「こはく」は全編県内ロケで3月下旬から撮影を始める。来春公開予定。

=2018/02/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]