小倉昭和館 6月2日 競輪テーマ「ガチ星」上映合わせ 競輪選手招きシネマカフェ 北九州市

 競輪がテーマの「ガチ星」を上映している小倉北区の映画館「小倉昭和館」は6月2日午後2時半から、現役競輪選手や解説者をゲストに招いてシネマカフェを開催する。競輪発祥の地で、自転車に再起を懸けた男を描く同作について語り合う。

 「ガチ星」は、戦力外通告を受けた元プロ野球選手が、競輪選手として再出発するストーリー。CMクリエイターとして数々の受賞歴を持つ江口カン監督が、映画デビュー作としてメガホンをとった。館では8日まで上映する。

 ゲストは、2015年にデビューし女子競輪で人気の児玉碧衣選手と男子の吉岡啓史選手、内山拓選手、元選手で現在は解説者の吉岡稔真氏=小倉南区出身=の4人。午後0時20分からの上映が終了した後、4人のトークイベントとなる。無料だが、当日または事前に「ガチ星」を鑑賞することが条件(鑑賞料金1800円)。昭和館=093(551)4938。 

=2018/05/29付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]