渥美清映画特集 12作品を上映 7月、福岡市総合図書館

 福岡市早良区の市総合図書館は7月4~29日、「渥美清特集」を開催し「白昼堂々」(1968年)や「拝啓天皇陛下様」(63年)など、12作品を上映する。1996年に亡くなった喜劇俳優、渥美清さんが出演した映画の特集は初めて。

 「白昼堂々」(野村芳太郎監督)は、筑豊の炭鉱で働いていたスリのワタ勝が、炭鉱の斜陽化で生活に困った人を救うため、スリや万引のグループを組織する。

 「拝啓天皇陛下様」(同)は、無学な主人公の男性が、食事ができて給料をもらえる軍隊を天国と思う。戦争が終わるといううわさを聞き、天皇陛下に手紙を書こうとする。

 他には「男はつらいよ」(69年、山田洋次監督)、「喜劇 急行列車」(67年、瀬川昌治監督)など。

 料金は大人600円、高校大学生500円、小中学生400円。福岡市総合図書館=092(852)0600。

=2018/06/28付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]