地域の豊かさ考える 「幸せの経済学」 20日に上映会 ランチ食べながらトークも 福岡県・上毛町

写真を見る

 映画館のない地域での映画上映を続ける「こうげまち映画部」は20日午前10時半から、上毛町宇野の「ひびしんラボSUN3」で、映画「幸せの経済学」(2010年、68分)=写真はチラシ=の上映と地域経済を考えるプチトークを開く。

 「幸せの経済学」はかつて外国人立ち入り禁止地域だったヒマラヤの辺境ラダックに近代化の波が押し寄せ、西欧の消費文化に翻弄(ほんろう)される人々の姿などを描く。それを基に、グローバル経済の対抗軸として地域経済や小規模ビジネス、食の地産地消などを柱に人と人のつながりを大切に生きるローカリゼーションの導入を唱えるドキュメンタリー。

 プチトークでは、一般社団法人「サステナビリティ・ダイアログ」代表理事の牧原ゆりえさんが、地域内での経済循環に取り組む北海道下川町の事例などを紹介。持参したランチを食べながら地域の豊かさや地域経済などを話し合う。

 チケットは前売り千円、当日は1300円。

=2018/08/12付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]