「無法松」オマージュ 三村監督新作 君は一人ぼっちじゃない 小倉昭和館 17、18日試写会

 北九州市出身の映画監督、三村順一さんが全編北九州ロケで撮影した新作「君は一人ぼっちじゃない」(2019年公開予定)が完成し、小倉北区の映画館「小倉昭和館」で17、18日、試写会がある。小倉の街で人力車を引く男性と、将来に悩む少年たちの交流を描く。出演する俳優的場浩司さんらの舞台あいさつもある。

 人力車夫が主役の「無法松の一生」(1943年)のオマージュ的な作品で、実際に小倉で人力車を引く男性をモデルとした。三村さんが北九州を舞台に製作するのは、故大杉漣さんが主演した「グッバイエレジー」(2017年)以来。

 17日は午前11時半から、18日は午後4時40分から舞台あいさつで、その後作品を上映する。的場さんの他、三村さん、土田卓弥さん、鶴田真由さんらが登壇する予定。鑑賞券は2200円。昭和館=093(551)4938。

=2018/11/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]