白秋と耕筰題材「この道」25日 特別上映 AKIRAさんら舞台あいさつ 柳川市 16日からチケット販売

 柳川市出身の詩人北原白秋と盟友の山田耕筰を題材にした映画「この道」(佐々部清監督)の特別上映会が25日、同市上宮永町の柳川総合保健福祉センター「水の郷」である。当日は耕筰を演じるダンス&ボーカルグループEXILEのAKIRAさんと新聞記者役の小島藤子さんの舞台あいさつがあるほか、白秋役の大森南朋さんからビデオレターが寄せられる。16日からチケット販売を始める。

 映画は日本の童謡誕生100年を記念して製作され、11日から全国公開。白秋の波乱に富んだ生涯や誰もが口ずさんだことのある名曲の誕生秘話を、耕筰との友情とともに描く。主題歌の童謡「この道」はEXILEのATSUSHIさんが歌う。上映会を運営する柳川フィルムコミッションの風間英人理事長は「白秋が詩にかけた熱い思いが伝わる1本。白秋の魅力を再発見できる」と話す。

 上映会は午後1時15分と午後4時の2回。舞台あいさつは初回上映後と2回目の上映前に行われる。チケットは全席指定で一律1400円。販売数は計790枚。店頭販売は市観光案内所(同市沖端町)で16日、17日午前10時~午後6時。590枚が売り切れ次第終了。

 通信販売は市観光協会へのメール(info@yanagawa‐net.com)で受け付ける。18日午前10時以降に届いたメールのみが対象で先着200枚。住所、氏名、電話番号、希望する回、希望枚数を明記する。店頭、通信販売ともに1人4枚まで。

 AKIRAさんと小島さんは当日、北原白秋生家・記念館を訪れ、どんこ舟で川下りも楽しむ予定。柳川フィルムコミッション=0944(88)9027。

=2019/01/12付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]