はなちゃんのみそ汁 熊本市で映画上映会 監督らトーク

トークショーで語り合う滝藤賢一さん(左から3人目)や安武はなさん(同4人目)たち
トークショーで語り合う滝藤賢一さん(左から3人目)や安武はなさん(同4人目)たち
写真を見る

 がんで闘病中の母親が5歳の娘にみそ汁作りを通じて生きる力を伝える姿を描いた映画「はなちゃんのみそ汁」(阿久根知昭監督)の上映会が19日、熊本市中央区であった。

 上映会は全労済熊本推進本部が創立60周年を記念し熊本地震復興支援として主催(西日本新聞協力)。県内の被災地などから800人を無料招待した。

 映画は、娘を残し33歳で亡くなった安武千恵さんを広末涼子さん、夫で原作を書いた安武信吾・西日本新聞編集委員を滝藤賢一さんが演じた。

 上映後に阿久根監督と滝藤さん、安武さん親子がトーク。管理栄養士を目指している高校1年のはなさんは「子どもに作ってほしい料理は何ですか」と質問。小学生など4人の子どもがいる滝藤さんは「いろんなおいしい料理になるジャガイモが好き。(子育てでは)何でも褒めるようにしている」と家族について語った。

=2019/01/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]