学校法人筑紫女学園創立110周年記念講演会【11月18日(土)】

 18日(土)午後3時、福岡市天神のエルガーラホール7階多目的ホール。筑紫女学園大真宗文化財調査研究プロジェクトの新発見「萬行寺屏風(まんぎょうじびょうぶ)」に関わる講演。講師は明治神宮ミュージアム開設準備室の黒田泰三室長。「長谷川等伯と狩野永徳の対決の行方-新発見の博多萬行寺屏風から見えてくること-」の演題で、戦国時代から桃山時代に活躍した2人の絵師の実像を紹介する。定員先着70人。参加無料だが事前申し込みが必要。氏名(フリガナ)、郵便番号、住所、電話番号・ファクス番号を明記し、ファクスなどで申し込む。同大生涯学習センター=092(925)9685(平日のみ)/ファクス=092(925)8319。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]