玉川食堂 約40種類の定食がそろう 北九州市小倉北区

写真を見る

 創業99年を迎えた食堂で、常時約40種類の定食がそろう。元々は料亭だったため、本格的な料理をリーズナブルに味わうことができる。「看板メニューはお客さまが決めてくれる。ぬかさば定食(760円)やとり天定食(800円)が、よく出ていますよ」と店主の奥本泰年さん(66)。

 定食の副菜は、約20種類から選ぶことができる。中でもマカロニポテトは、料亭時代と変わらない味だ。「いりこのぬかみそ」や、やきみそなども人気。火・金曜は通常1皿の副菜が2皿に、第3月曜はカレーライスが大盛りになるサービスもある。

 北九州市小倉北区魚町2の3の21地下1階。電話093(522)6305。水曜定休。

=2018/12/20付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]