スワンカフェ 薫製した豚肉の丼が人気 福岡市博多区

写真を見る

 韓国出身のオーナー・申鉉亀(シン・ヒョング)さんと妻の美香子さんが、昨年7月に開いたカフェ。「お客さんの要望が多いことから、食事メニューが増えていきました」と鉉亀さん。

 中でも人気は「燻製(くんせい)豚バラ丼」(昼950円、夜1100円)。味付けには10種類以上のスパイスを使用し、豚肉は店で薫製している。最後にしょうゆベースのたれをかけて仕上げる。夜は肉のみを酒のつまみとしても注文できる。このほか韓国料理も好評で、特に甘辛く味付けした鶏肉の「チーズタッカルビ」(2人前2700円)がお薦め。

 福岡市博多区住吉2の18の5。電話092(287)5276。月曜定休。

=2019/02/16付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]