いっしょう すき焼き風「豊後炊き肉」 福岡市中央区

写真を見る

 大分県豊後高田市出身の店主・早田彰一さん(34)が、福岡市内の居酒屋で修業後、昨年開いた。実家が所有する山の木をカウンターやテーブルに使っている。「店内は『家』がコンセプト。祖父母の家にいるような、温かい雰囲気を意識しました」。

 看板メニューはすき焼き風の「豊後炊き肉」(1人前540円、写真は2人前864円)。和牛のばら肉や出身の豊後高田市産どんこ(肉厚な干しシイタケ)などをだしで煮込み、溶き卵を絡めて味わう。このほか、きんぴらごぼうやナスの煮浸しなど1品194円の「お晩菜」も好評。

 福岡市中央区警固2の16の20、朝日プラザ赤坂1階。電話092(753)8338。不定休。

=2019/02/22付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]