粥鍋 順徳 あっさりしたかゆスープ 福岡市中央区

写真を見る

 福岡市出身で中国在住のオーナーが昨年11月に開いた。同国広東省・順徳区の名物料理であるかゆ鍋を中心に提供する。鍋のスープは、ナツメやショウガを加え煮込んだ鶏がらスープのかゆを裏ごししている。そこへ肉や魚介などの具材を入れ、中国のしょうゆがベースのたれにつけ味わう。

 「体に優しく、あっさりして胃がもたれません」と店長の高田勉さん(58)。具材の異なるセットが2人前6048円から。お薦めは同9720円のセットで、具材は和牛のほか、生食できるほど新鮮なアワビやハマグリなど。

 福岡市中央区薬院4の8の3、アートケイズ浄水地下1階。電話092(406)4858。月曜定休。

=2019/03/16付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]