恵味うどん 老舗が新天地で再出発 福岡市中央区

写真を見る

 1969年に福岡市中央区薬院で創業した老舗が3月中旬、六本松に移転し再スタートを切った。2代目の一ノ宮聡さん(44)は、香川で修業したうどん職人。讃岐らしいコシを残しつつ、早くゆでられるように薄くした手打ち麺がうどん好きをうならせてきた。

 これからの季節は「とりおろしうどん」(850円)がお薦め。鶏肉が入った甘辛い温つけだれに冷たい平麺が合う。賃貸契約が切れ、移転を余儀なくされたが、新たな客も呼び込んでいる。「まだまだ試行錯誤ですよ」と言うが、変わらぬ味は受け入れられつつある。

 福岡市中央区六本松4の3の2、インエイト102。電話092(753)8018。月曜定休。

=2019/04/12付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]