AKB総選挙、HKT15人ランク入り メンバーの言葉で振り返る

1位への返り咲きを果たし、喜びを爆発させる指原莉乃さん(中央)とHKTのメンバー
1位への返り咲きを果たし、喜びを爆発させる指原莉乃さん(中央)とHKTのメンバー
写真を見る
選抜メンバーにあと一歩及ばない17位となり、悔しそうな表情を見せる兒玉遥さん(右下)。左は指原莉乃さん、後段右は宮脇咲良さん
選抜メンバーにあと一歩及ばない17位となり、悔しそうな表情を見せる兒玉遥さん(右下)。左は指原莉乃さん、後段右は宮脇咲良さん
写真を見る

 アイドルグループAKB48の新曲メンバーを決める「選抜総選挙」の開票イベントが6日、福岡市中央区のヤフオクドームであり、地元のHKT48は「当選枠」の80位までに15人が入った。ランク入りしたメンバーがステージ上で語った言葉で振り返った。

 2年ぶりの1位に返り咲き、ステージ中央で歌う「センター」を奪回した指原莉乃さん(22)。発表の瞬間、涙を浮かべガッツポーズを見せた。ランク外だったHKTの仲間たちも悔しさを心にしまい、リーダーの快挙を喜んだ。「HKTのみんなは大事な大事な宝物」。指原さんは仲間への感謝を忘れなかった。

 昨年の11位から7位に上がり、AKBグループの顔「神7(セブン)」入りした宮脇咲良(さくら)さん(17)。歌やドラマに抜てきされた1年を「重圧も大きく、何に悩んでいるのかも分からず、毎日一人で葛藤していた」。その頑張りをファンが支持しての7位。笑顔を浮かべつつ、「私はAKBを壊したい」と大胆な発言。「生意気かもしれないけど、自分自身の築いた道で新しいことを始めたい」と「新しいAKB」づくりの先頭に立つ意気込みを語った。

 悔しさを隠しきれないメンバーもいた。

 17位で、シングルの表題曲を歌う「選抜」(16人)入りを惜しくも逃した兒玉遥さん(18)は涙が止まらなかった。HKT創設時からの中心メンバー。落胆する客席のファンに壇上から「博多愛だけは負けません」と宣言し、今後の成長を誓った。

 森保まどかさん(17)は前回の25位から43位に。「投票してくれた人の前では笑顔で」と気丈に振る舞い「楽屋で泣きます」。

 二つあるチームのキャプテンもランク入りした。

 穴井千尋さん(19)は中間発表時は圏外だったが、逆転で33位に。新曲のカップリング曲を歌うグループのセンターになった。「HKTでも端っこが多いので、びっくりしている」。多田愛佳さん(20)も圏外から41位に。「トイレ掃除をして神様にお願いして良かった」と笑った。

 岡田栞奈(かんな)さん(17)は42位で、初めてのランク入り。「皆さんのことがバリ好いとっちゃん」。博多弁でファンへの愛を伝えた。

    ◇    ◇

 ランク入りメンバー

 本文で紹介したほかにランク入りしたHKTメンバーは次の通り。 (敬称略)

 21位=朝長(ともなが)美桜▽31位=渕上舞▽32位=田島芽瑠(める)▽37位=坂口理子▽46位=神志那(こうじな)結衣▽51位=松岡菜摘▽72位=植木南央▽80位=本村碧唯(あおい)

=2015/06/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]