4都市公演、劇場移転、卒業… 春、新たな旅へ

4都市公演や、劇場移転発表、メンバーの卒業などさまざまなことがあった2月の活動を振り返った(左から)神志那結衣、田島芽瑠、植木南央、若田部遥
4都市公演や、劇場移転発表、メンバーの卒業などさまざまなことがあった2月の活動を振り返った(左から)神志那結衣、田島芽瑠、植木南央、若田部遥
写真を見る

 ●月イチ活動報告
 
 全国4都市をめぐるコンサートツアー「サシコ・ド・ソレイユ」が、折り返しを迎えたHKT48。サーカスをモチーフとしたコンサートは、名古屋と東京の2カ所で大好評を博すなど絶好調だ。上野遥(16)ら「若い力」も台頭し、グループとしてさらにその名を高めたが、一方で、岡田栞奈(18)の卒業や、劇場の西鉄ホール移転を発表。別れと出会いの季節に、グループは変化の兆しを見せている。衝撃のニュースが相次いだ「激動」の2月を、植木南央(18)、若田部遥(17)、田島芽瑠(16)、神志那結衣(18)と振り返った。 (古川泰裕)

 ▼キス大盛り上がり

 -コンサートツアーも折り返し

 若田部「(東京・代々木第一体育館で)全員が初日迎えたし」

 植木「私とか若ちゃんで『カラーガード』やったんですよ。旗を回したり飛ばしたりするんですけど、結構大変で。爪割れたり、村重(杏奈)も手にテーピングして。旗の色が蛍光オレンジで光るので、落としたらめっちゃ目立つんですよ」

 神志那「マーチングドラム隊も、足に青たんできてる人がいた」

 若田部「階段上るときとか、ぶつけちゃうんだよね」

 植木「冨吉(明日香)とか、10個くらいあざつくってた。まぁ、あざの数だけファンも増えたんじゃない?」

 芽瑠「うまいっ」

 神志那「寸劇のところとか、毎回出るメンバーが変わるのも楽しみ。代々木では、(宮脇)咲良さんとはるちゃん(兒玉遥)が、ケンカの流れでキスをするっていうダチョウ倶楽部さんのネタをやって、すごい盛り上がりました。そこにアドリブでもっていくさっしーさん(指原莉乃)も、すごい」

 若田部「衣装部屋で聞いてたけど、すごい盛り上がりだった(笑)」

 ▼「空」を飛びまくり

 神志那「(敵役のメンバーが)ワイヤで引っ張られながら咲良さんの『かめはめ波』で飛ばされるんですけど、南央さんが一番うまかった」

 植木「どうやったらリアルになるかなと思って手足をばたつかせたら、めっちゃ褒められたんです(笑)」

 芽瑠「ボス(田中菜津美)とか棒立ちだった」

 神志那「つまようじが折れたみたいな(笑)」

 若田部「代々木は全員参加だったから、『恋の指先』と『黄昏のタンデム』も歌いました」

 植木「うれしかった」

 若田部「『恋の-』は一緒に歌い出しの(森保)まどかがピアノ弾いてるから、ぱっと見は南央のソロみたいだった」

 植木「まーそうなっちゃうよねー」

 -若ちゃんは「-タンデム」を歌った

 若田部「(着替え中のメンバーがいるため)イントロで、10番手から4番手に上がってラッキーだった」

 -今回はよく飛んでる

 植木「ハンカチみたいなの持って飛んでるよね(笑)」

 若田部「『桜、みんなで食べた』で芽瑠と(朝長)美桜が飛ぶじゃん。私のちょうど正面で美桜が『あぁー』って言って飛んでて、かわいいし面白い」

 芽瑠「私、マジでずっとピーターパンだと思って飛んでる」

 植木「えっ」

 芽瑠「んっ?」

 植木「えっ、ピーターパン? へぇー」

 -拾い方が雑(笑)

 植木「何言ってんのかなって(笑)」

 芽瑠「ネバーランド目指して飛んでます」

 植木「さすが、何でも楽しめるよね、芽瑠って」

 芽瑠「褒められてるのか、けなされてるんだか(笑)」

 植木「でも、あれ(フライング)があるだけでサーカス感増すよね」

 若田部「私も飛びたい。空中ブランコやんないかな」

 -新曲「Make noise」と「Chain of love」を初披露

 植木「(『Chain of love』センター抜てきの)はるたん(上野遥)が、1人でステージで話してるの見て、めっちゃ泣いてました。感動した」

 ▼「新劇場」は超便利

 -劇場の移転先も発表

 神志那「とりあえず、安心しました」

 若田部「天神でうれしいと思った」

 芽瑠「ど真ん中だもんね」

 若田部「ほんとにアクセスが便利になるから、県外からでも日帰りできる」

 芽瑠「でも専用劇場じゃないってのが…」

 神志那「えー!」

 若田部「衣装さんとか、メークさんが大変だよね」

 植木「安心したけど、ちょっと不安」

 神志那「ずっと公演をやってきた劇場がなくなるのは、すごく寂しい」

 芽瑠「『でべそ(劇場中央の円形ステージ)』もなくなっちゃうのかな」

 若田部「まだ全然実感がない」

 植木「一番心配なのは、公演回数」

 神志那「今、500回出てるメンバーもいるでしょ」

 若田部「私もうすぐ600回だ」

 3人「すごい!」

 植木「他のイベントでも使うから、今みたいに毎日はできなくなりそう」

 若田部「なつみかん(田中菜)の1000回出演が遠ざかりそう(笑)」

 植木「でも、それに伴って公演も入れ替わるし、出張公演もあるし」

 -新潟(NGT48劇場、4月9~11日)いいね

 植木「まだできたばっかりなのに、お借りしちゃうんですね」

 芽瑠「すごいらしいです」

 神志那「お姫さまのお城みたいだよね」

 芽瑠「いろんなところに行けるのは楽しみ」

 -岡田栞奈さんが卒業発表。2期生が…

 神志那「あんなに人数多かったのに」

 芽瑠「もともと21人だったけど、栞奈が卒業しちゃうと16人になる」

 若田部「でも、卒業は悪いことではないし、HKTも年齢が上がっていくし、仕方がないというか、大切なことだとは思うよ」

 神志那「今年は(中学や高校を)卒業するメンバーが多いから…」

 若田部「考える時期」

 植木「節目だと思う」

 -岡田さんは卒業という道を選んだ

 植木「医学の道を目指すって」

 神志那「かっこいいです」

 若田部「普通にずっと勉強してる人でも難しそう」

 植木「大変な道だよ」

 -「岡田先生」っていいな

 神志那「おかぱんみたいな先生いたら、男の人は毎日通っちゃうかも(笑)」

 若田部「なんか想像できない。みんな将来、何になるんだろう」

 植木「その一歩を踏み出せたのって、すごく大きいですよね」


 ●田中菜、松岡は初の「選抜」

 2月28日に福岡市のマリンメッセ福岡で開かれた全国握手会中に、7thシングルの発売(4月13日)と選抜メンバーをサプライズで発表。抜群のトーク力でグループの垣根を越えた活躍を見せていた田中菜津美(15)と、ドラフト2期生で人気急上昇中の松岡はな(16)が、初めて表題曲の選抜メンバーに名を連ねた。

 その一方で、これまですべてのシングルで「選抜」に入っていた1期生の本村碧唯(18)が外れるという波乱も。HKTの層の厚さゆえに初めて「選抜落ち」を味わった本村だが、結成時からグループをけん引してきた経験値はだてではない。ハングリーさを増した「泣き虫ダンサー」の、巻き返しを期待したい。

=2016/03/08付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]