石川さゆり特別公演夫婦善哉 福岡市でPR HKT坂口“親子”でぜんざい振る舞う 4月11日から博多座「いよいよなんだ」

石川さゆり(右)らとともに、ファンにぜんざいを振る舞ったHKT48坂口理子
石川さゆり(右)らとともに、ファンにぜんざいを振る舞ったHKT48坂口理子
写真を見る
上川端商店街で開かれたイベントで、餅をつく石川(右)に合わせて「よいしょ」とかけ声をかける西岡徳馬(左)と坂口
上川端商店街で開かれたイベントで、餅をつく石川(右)に合わせて「よいしょ」とかけ声をかける西岡徳馬(左)と坂口
写真を見る

 4月11日から博多座でスタートする「石川さゆりデビュー45周年特別公演」のPRイベントが22日、福岡市博多区の「川端ぜんざい広場」で開かれ、座長の石川、上演する舞台「夫婦善哉(めおとぜんざい)」で内縁の夫を演じる西岡徳馬と、その娘役のHKT48・坂口理子が参加。演目名にちなみ、温かいぜんざいを約200人に振る舞った。

 成人式以来という晴れ着に身を包んだ坂口は、芸能界の大先輩である2人とともに、終始にこやかに対応。顔なじみのファンを紹介したり、顔を見合わせて談笑したりするなど、家族のような仲むつまじい一幕を見せた。

 イベント後、取材に応じた坂口は「地元の方から『博多座、楽しみにしてるよ』という声を聞いて『いよいよなんだな』とわくわくします」。初日へ向け「さゆりさんが出演ということで見に来られる方が多いと思うので、一人でも多くの方にHKT48を知ってもらって『こういう子もいるんだ』と知ってもらえたら」と、意気込んでいた。

=2018/02/23付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]