「博多の女」燃えた総選挙 ナゴヤ決戦100以内に19人ランクイン メンバーもファンも家族も団結したばい

6月の活動を振り返ったHKT48の(左から)小田彩加、栗原紗英、下野由貴、運上弘菜
6月の活動を振り返ったHKT48の(左から)小田彩加、栗原紗英、下野由貴、運上弘菜
写真を見る

●月イチ活動報告

 初めて世界的規模に枠を広げて行われた選抜総選挙で、100位以内に19人がランクインしたHKT48。残念ながら1位の旗を4年連続で持ち帰ることはできなかったが、矢吹奈子、田中美久という、これからのHKTを背負う若手がそろって選抜に入るなど、数々の収穫もあった。これまで以上にグループとしての一体感をもって戦ったナゴヤドームでの一夜を、初ランクインの小田彩加(19)、運上弘菜(19)、下野由貴(20)、栗原紗英(22)とともに振り返った。 (古川泰裕)

 -6月20日は栗原さん22歳の誕生日

 栗原「20歳になった実感もあんまりない(笑)。一緒にいるメンバーがみんな若いというか、HKTって全体的に心が若い」

 下野「みんな同級生の感覚。さすがに(今村)麻莉愛とかは年下だなってなるけど(笑)」

 栗原「麻莉愛とも一緒にふざけてる。昨日、紗英と麻莉愛で『人狼ゲームしよう』って言い出して『する人ー?』って呼びかけたけど、みんなあんまり乗ってくれなかった(笑)」

 下野「22歳が一番はしゃいでる(笑)」

 -誕生日当日に生誕祭

 栗原「毎年総選挙の後すぐだから怖くて。おめでとうなのか何なのか分からないときもあったけど、今年は良かった。選挙のお祝いでも盛り上がってくれて、うれしかったです」

 -どんな22歳に

 栗原「ちょっと内面的に大人っぽくなりたい」

 小田「紗英さんしっかりしてると、小田は思う」

 栗原「頼られるのがすごく好きなんですよ」

 小田「T2のお姉さん的存在。話しやすいし、相談にも乗って…くれそう」

 栗原「くれそう(笑)」

 小田「まだ相談したことないから(笑)」

 栗原「全然乗ります。後輩にも壁無く、親しみやすい人でありたいな」

 -6月16日は名古屋で総選挙。栗原さんが96位で初ランクイン

 栗原「100位の票数(1万4000超)を聞いたとき、びびりましたね」

 下野「ほんとだよ。何年か前だったら1位ですよ」

 栗原「頭真っ白になるって、こういうことなんだっって思うくらい『えっ』ってなったけど、HKTってみんなで喜んでくれるから、周りが立ち上がって、ああ自分だって分かりました。100位と101位って全然違う。その瀬戸際が怖くてしょうがなかった。スピーチは考えても絶対忘れちゃうと思ったから、思ったことを言おうと思って。去年の誕生日に咲ちゃん(宮脇咲良)から『おめでとう』って言われたとき、咲ちゃんが1位をとるときは一緒にランクインしようって話してたから、絶対1位になってほしいと思ってそう言ったんですけど…席の前がSKEのファンの方で、ちょっと怖かった(笑)」

 -手応えは感じていた?

 栗原「今年はずっと『総選挙』って言ってきた。5回目だし『入りたい』って強く伝えたら、ファンの方がいろんなところに声をかけてくれた。速報に入るっていうのもけっこう大きくて。速報に入ると、ファンの人も燃えません? 63位に入って『この調子だ』っていう勢いがついたかな」

 -下野さんが85位。7回目の挑戦で念願かなった

 下野「票数が去年から4000くらい伸びて、めちゃめちゃびっくり。本当は去年で最後にするつもりだったけど圏外で、このまま終われないっていうのがあったので…。今年は私のわがままだから、ついてきてくれなくても仕方ないって思ってたんですけど、想像以上に『今年こそ』っていう気持ちで(ファンが)やってくださってるのを感じて。言い方はあれですけど、もうそれで満足しちゃったというか、幸せだなと思って。結果は圏外でも、受け止められるっていう気持ちだったんです。100位の票数聞いたとき『ちょ…無理かな』って思っちゃった(笑)。80位以上を目標にしてたけど、ぜいたく言わないから呼ばれたいって思って85位だったので、うれしかったです。周りの反応が何よりうれしかった」

 -来年出馬はしんどい?

 下野「うーん…。もう一生出ないかは分かんないですけど、来年はとりあえず休みたいし、ファンの方もここまで頑張ってくれたから、次は自分の手で…っていうのもあるし。準備が本当に大変だから、もし出るんだったら2、3年前から言うねって言ってます。とりあえず、1回は休みたいかなって気持ちです。幸せな気持ちになれたので」

 -続けざまに運上さんが84位。HKTの席が盛り上がりっぱなしだった

 運上「しなもんさん(下野)が呼ばれたとき、前を通るから椅子を引かなきゃって思って引いたら、椅子の後ろ脚が落ちて、ひっくり返りそうになっちゃって。『大丈夫?』ってわーわーしてるとき『K4』って呼ばれたから、いったん聞こうって止まったんです。そしたら名前呼ばれて『えー!』って。しなもんさんが『一緒に行こう』って言ってくれて、すごく安心しました。去年は初めてだったから、ランクインは半ば諦めてるというか、ファンの人にも必死にならなくていいって言っちゃって。今年は自分の中で、初めて本気の総選挙だったので、めっちゃうれしかった」

 -83位の豊永阿紀さんとは1票差

 運上「ずっと気付いてなくて。帰りの車の中で自分の名前検索して、そしたら(1票差と)出てきて…泣いちゃいました。ファンの人と、阿紀ちゃんのことよく話すんですよ。『すごいね』とか、総選挙も『阿紀ちゃんに勝つのは難しいだろうけど、ランクインできたらいいね』って話してた。1票差まで縮まったのはすごいと思うけど、やっぱりあと一歩だったから…」

 下野「あの時自分で入れとけば…みたいな」

 運上「名古屋でCD1枚買って、最後に願掛け投票したんですけど、あの時もう1枚買おうかなって思ってて…」

 栗原「1票の重さが…」

 運上「翌日の握手会で、みんな口をそろえて『僕があと2票入れておけば』って言ってて。『悔しいよね』って気にかけてくれて、優しさが身に染みました」

 下野「2回目でランクインできるってすごいこと」

 栗原「諦めないほうがいいなって思う」

 下野「時間はかかったけど、その分喜びは何倍にもなってる気はする。遠回りした分、いろんな景色が見られたのは良かったと思う。総選挙終わって悔しくて泣くのは『頑張ろう』って思ってるだろうからいいと思うんですけど、『私は無理だ…』みたいな考えになってる後輩を見ると『下野を見ろ』(笑)って思います。さっしー(指原莉乃)もHKTの全体LINE(ライン)で『しなもんみたいな例もあるから、諦めないで』みたいに書いてくれた。諦めないでほしいです」

 栗原「どんどん、ファンの方との団結力も増していくからね」

 下野「私と私のファンは、家族並みの絆ですよ」

 -小田さんは初ランクインで50位という快挙

 小田「速報の時点でも、自分もファンの方もびっくりしてて。呼ばれたとき、よく分からんかったです。『小田…って名前だったかな?』とか『私は誰?』って思うくらい(笑)。笑ったり泣いたりで変な顔しちゃって、ほとんど(頭の中が)真っ白でした。何日かたって、うれしい感情がじわじわきたけど、その時はしゃべるのが精いっぱい」

 -うまく話せなかった?

 小田「(その時に)戻れるなら、ちゃんといっぱい話したかったな。司会の徳光(和夫)さんが隣でタオル(ハンカチ)差し出してきた時点で、タオル見ちゃって。『高そうなタオルやな』とか、そっちに気をとられたりして(笑)。『これで涙ふこうかな』とか、そういうところは冷静なんですけど。話しだすと、一回止まった涙もまた出てきちゃって。HKTってみんなで喜ぶし、ファンの方の声援もうれしかった」

 -速報から57位と好調

 小田「速報で名前を呼ばれること自体初めて。目標にしてた81位も、本番では難しいかなっていう気持ちが、期待に変わって。その時点で感謝してるんですけど。速報が本当に大きいような気がします。『もしかしたら…』って思ってもらえたのかな。去年は、阿紀ちゃんが4期生の可能性を引っ張ってくれた。今年はランクインしたいっていう気持ちが強かったけど、熱意を言葉で伝えるのが難しいなって。おばあちゃんにも協力してほしいと思ったけど、説明もできなくて。ランクインするとテレビとか新聞にも載せてもらえるから、おばあちゃんにも連絡して喜んでもらえて。周りの支えを実感する機会にもなりました」

 -今年はメンバーとファン、HKT全体を含めた一体感をすごく感じた

 下野「『団体戦感』はありましたね。去年が、HKT全体を通して悔しい結果だったんですよ。もうちょい上に行くと思ってた子が思うようにいかなくて、悔しい表情をいっぱい見た気がして。今年はHKT全体で盛り上げようっていう感じもあったし、さっしーも動いてくれたし」

 ※指原が村重杏奈とともにHKTの立候補メンバー全員に投票する様子を「SHOWROOM」で動画配信。続々とメンバーが集まり決起集会の様相に

 下野「あのSHOWROOMで、けっこう団体戦感が強くなった。(順位発表中の)ひな壇でも、今まで引っ張ってくれてたさっしーと村重がいなかったから『悔しくてもHKTが呼ばれたらみんなで喜ぼう』っていう話を本番前にした。みんなHKTを好きでいてくれて、メンバーの悔しい表情は見たくない、笑ってほしいって思ってくれたからこそだと思う」

 栗原「総選挙は個人戦だけど、逆に投票期間中に団結力が強くなった。咲ちゃんが、さっしーさんの分もはるっぴさん(兒玉遥)の分も…って背負っていたのを、他のメンバーも『背負いたい』って思ったから団結したし…」

 下野「(宮脇に)重いものを背負わせすぎたって、改めて思う」

 栗原「名古屋開催でSKEさんの熱もすごくて、燃えました。博多が結果出して帰ってやるって。『博多の女』みたいな(笑)」

 下野「終わった後の『HKTめっちゃ好き!』って感情が今まで以上でした」

 栗原「全体LINEに『HKT大好き』ってみんな書いてて、それ見て新幹線で泣きました」

 -ファンもSNSでハッシュタグなどをつくった

 下野「ファンの方も含めた全体の雰囲気がすごく良かったっていうのが、大きかった。希望が見えたかなっていうのは、すごくありましたね」

 -咲ちゃん3位は悔しい

 下野「自分の時より泣きましたよ。でも、なこみく(矢吹奈子、田中美久)が選抜に入ってくれたおかげで、来年に向けて明るい部分が見えたなと。しかも隣同士の順位で呼ばれるっていうのが、もう尊くて『なこみくぅ!』って。今年はもしかしたら咲良しか選抜に入れないかもっていう気持ちもあったけど、2人入ってくれた。咲良には、重いものをいったん下ろしてもらって…っていう安堵(あんど)はあります。3期以降のメンバーがけっこう入ってくれたのも明るい」

 -4期生は「一体感」をどう見た?

 運上「本当に団結感がすごいし、お互いを思ってるのが分かる。先輩の築いてきた絆がすごいって思う」

 下野「来年以降、1期生ごっそり出ない気がするんですよね…」

 運上&小田「えぇー」

 小田「ひな壇にいてほしい…」

 下野「本当はそばで見守りたいけど…私たちがいなくても、受け継いでくれたらなって思います。ベテラン勢も諦めないでほしい」

 小田「HKTって、1期生さんの仲の良さとか絆が、ずっと受け継がれてるって思う。4期生も、チームが別々になっちゃったのは悲しかったけど、5期生に『楽しそう』って思われるようなHKTになりたい」

 -HKT大好きな5期生が入ってきそう

 下野「そうだったらうれしいなぁ」

●ランクインメンバー※カッコ内は得票数

(3) 宮脇咲良 (14万1106)
(9) 矢吹奈子 (5万1620)
(10)田中美久 (5万175)
(26)田島芽瑠 (3万1111)
(40)渕上舞  (2万5977)
(48)朝長美桜 (2万4272)
(50)小田彩加 (2万3754)
(55)松岡菜摘 (2万2050)
(61)駒田京伽 (2万1437)
(63)田中菜津美(2万1387)
(66)松岡はな (2万1196)
(71)本村碧唯 (2万321)
(73)秋吉優花 (1万9371)
(81)植木南央 (1万8062)
(83)豊永阿紀 (1万7558)
(84)運上弘菜 (1万7557)
(85)下野由貴 (1万7351)
(87)坂本愛玲菜(1万7258)
(96)栗原紗英 (1万5149)

=2018/07/04付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]