白目で失神寸前! けが人続出、メンバー公演奮闘 HKT48・18年10大ニュース(上)

2018年の10大ニュースを振り返ったHKT48の(左から)植木南央、深川舞子、下野由貴
2018年の10大ニュースを振り返ったHKT48の(左から)植木南央、深川舞子、下野由貴
写真を見る
2018年の10大ニュースを振り返ったHKT48の(左から)植木南央、深川舞子、下野由貴
2018年の10大ニュースを振り返ったHKT48の(左から)植木南央、深川舞子、下野由貴
写真を見る
2018年の10大ニュースを振り返ったHKT48の(左から)植木南央、深川舞子、下野由貴
2018年の10大ニュースを振り返ったHKT48の(左から)植木南央、深川舞子、下野由貴
写真を見る
笑顔で2018年を振り返るHKT48の(左から)植木南央、下野由貴、深川舞子
笑顔で2018年を振り返るHKT48の(左から)植木南央、下野由貴、深川舞子
写真を見る
西スポの紙面で018年を振り返るHKT48の(左から)植木南央、下野由貴、深川舞子
西スポの紙面で018年を振り返るHKT48の(左から)植木南央、下野由貴、深川舞子
写真を見る
差し入れを食べながら2018年を振り返るHKT48の(左から)植木南央、下野由貴、深川舞子
差し入れを食べながら2018年を振り返るHKT48の(左から)植木南央、下野由貴、深川舞子
写真を見る
西スポの紙面で2018年を振り返るHKT48の(左から)植木南央、下野由貴、深川舞子
西スポの紙面で2018年を振り返るHKT48の(左から)植木南央、下野由貴、深川舞子
写真を見る
2018年を振り返る下野由貴
2018年を振り返る下野由貴
写真を見る
2018年を振り返る下野由貴
2018年を振り返る下野由貴
写真を見る
2018年を振り返る深川舞子
2018年を振り返る深川舞子
写真を見る
2018年を振り返る植木南央
2018年を振り返る植木南央
写真を見る

 明けましておめでとうございます。今年1発目のHKT48は、大きな出来事が相次いだ2018年の10大ニュースを一挙に発表!! みんなで汗をかいたあのステージや、笑顔と涙が交錯したあの舞台、そして出会いと別れ…。枚挙にいとまがない思い出の数々から、1期生の植木南央(21)、下野由貴(20)、深川舞子(19)の3人に「独断と偏見」で選んでもらいました。1位になったあのニュースから、彼女たちが抱いた未来への思いとは-。(古川泰裕)

-君たちはなぜ呼ばれたか分かっていますか
下野 分かってないです。っていう話を、さっき楽屋でしてたよね。

-2018年最初の公演を思い出して
植木 『15人姉妹の歌』かな? 覚えてますよ、少しだけ。
下野 なんか言ったっけ(笑)。
深川 西スポさんお願いします、みたいなこと言ったよね。確かに言った。今思い出した。
下野 まあ過去は振り返らないタイプだから。

-そんなわけで、2019年の1発目は3人にお願いしようということになりました。趣旨は聞いてる?
植木&下野 聞いてないです。
深川 18年の10大ニュースと、19年の抱負ですよね。
下野 まいこみーやだけ聞いてた(笑)。
深川 メールが来てて、そこに、この二つを考えておいてくださいって書いてあったんで。だから私1人だけなのかなと思って10個…いや1人で10個は無理じゃない?と思って(笑)。
植木 どんだけ充実した1年よ(笑)。
深川 朝、集合場所に来たら2人がいたんで、良かったなと思って。

-2018年のHKT10大ニュースを決めます。まいこむが考えてきたみたいだから、それについて話そう
深川 いやそんな、そんな考えてないっす! やばいなって思いながら来たんで!
植木 まいこむは多分、まいこむの10大ニュースを考えてきてる(笑)。
深川 私の10大ニュースは、7年間貫いてきた髪形を変えたことくらいしかないっす。

-じゃあ、それ10位で
深川 そ、そうですね。私の中では1位だったんですけど(笑)。
植木 まいこむの1位はHKTでは10番目(笑)。

-どうやって決めよう
植木 本当に、結構どうでもいいやつとかも入れちゃっていいですか?

-独断と偏見でどうぞ

 ■11位(次点)「ツイッター凍結事件」(2017年末~18年始)
下野 最初に思いついたのは、ツイッターのアカウント凍結。
植木 そうだ、私(18年の)元旦に凍結した。
下野 私、大みそか。
深川 私1月2日くらい。で、同じ日に3人とも凍結解除されました。
植木 あのときの(凍結から守ろうとする)HKTファンの団結ったらなかった。
深川 本当にすごかった。でも凍結解除されたのはうれしかったんですけど、コンサートで、凍結されたメンバーでユニットをもらってたんですよ。で、それを披露する1週間前くらいに解凍されちゃって、オイシイ状態がなくなっちゃった。
植木 私もそのころ一番やってたSNSだったし、本気でショックだったんですけど、(凍結ユニットの)センターだったので、どうかコンサートの日までに解除されないでほしいと思ってました(笑)。
下野 大みそかから元旦って、結構一番ツイッター盛んじゃないですか。『明けましておめでとう』とか、0時ぴったりにやるやつ。それをできないっていう。
深川 そういうことがあったから、鍵とかかけて(非公開にして)ちゃんと万全にしてたのに、鍵を解除した夜中に凍結されて、朝起きたら『あれ? 凍結してる』って。
下野 『しなもんも狙われてるからちゃんとした方がいいよ』って言われたんですけど、楽しくなっちゃって、あおってしまって。
植木 あおっとったね(笑)。
下野 『私が本物です』みたいな(笑)。

-「本物は俺だ」って書いたら凍結するという
下野 『逆にニセモノ感があったよ』って言われちゃいました(笑)。

-ツイッターを始めて間もなかった
下野 夏くらいに始めて、半年くらいでしたね。
植木 だからめっちゃ頑張ってた時期やね。
下野 でも、私は凍結されたおかげでインスタグラム始めたんですよ。SNSがなさすぎて、耐え切れないわと思って始めたら、ちょっとして解凍されたので…インスタ。
深川 私もそんな感じで(インスタ)始めたら、次の日に解凍された。
植木 成人式の写真をツイッターに上げたかったんですけど、上げられなかったからインスタ始めたんですよ。でもカメラマンさんに撮ってもらった成人式の写真がめちゃめちゃ盛れてたんで、どうしても載せたいと思って、解凍されたその日に載せました。


 ■10位・けが人続出(現在進行形)
植木 まいこむケガ。
深川 ケガしたね。

-けが人が多かった
下野 『制服の芽』が始まって…やっぱハードだね、あれは。
深川 どうしても負担がかかっちゃうからね。
-それ10位でいい?
植木 ちょっと悲しいニュースなので。10位くらいで(笑)。

-先日、森保まどかさんが負傷で公演お休み
植木 (朝長)美桜もそうだし…。

-半月板を痛めて長引いている
下野 長いですね…。

-岩花詩乃さんもシンスプリントに
深川 あとみなぞー(今田美奈)も。

-あの人はどこを痛めたっけ?
深川 半月板。

-あの人はいつごろだったっけ
深川 多分まどかと同じくらいか、ちょっと前くらい。
植木 みなぞーのこと『あの人』って(笑)。
下野 なんかあったんですか、みなぞーと(笑)。

-もう大人だから…
植木 変わんないですよ。『あの人』も『あの子』も(笑)。

-他にけが人は
深川 私もそこ(膝)らへん。
下野 (田中)美久りんとかも。
植木 ああ、美久りんもシンスプリント。
下野 ほんとに多かったね。
植木 トレーナーさんいわく、『制服の芽』は体の使い方が難しいらしい。だから今、トレーナーさんが特殊な『制服の芽』に特化したストレッチをやってくれてます。まいこむは結構、劇場を支えてくれてた。

-ファンの間では「振りを一部簡単なものに変えてはどうか」という意見も
下野 どうなんだろう…。
深川 変えたところで、多分そんなに負担は変わらないんですよ。
植木 自分たちの(オリジナルの)公演じゃないしね。
下野 勝手に変えるのも申し訳ないし。
植木 だから、スタッフさんが工夫して、一日に2回公演はなくしたりとか。
下野 って思うじゃん? 昼が『制服の芽』で夜が『RESET』の日があって。私思いっ切り『RESET』まで出ました。えっ、ワイへの配慮は? 半月板やっちゃうよ?
植木 なつみかん(田中菜津美)も、昼が『ただいま恋愛中』で夜が『制服の芽』だったんですよ。その日学校行事があったらしく、その日は空けてほしいって言ってたらしいんです。そしたら『制服の芽』が人数厳しいから出て、って言われて『分かりました』って出る予定になって。メンバーが風邪ひいて休んじゃって『ただいま恋愛中』も出ることになって。なつみかん結局、その日は朝から2回公演(笑)。自分のチームじゃない公演に2回出るっていう。もともと休みの日なのに(笑)。
下野 つらい(笑)。


 ■9位・山内祐奈、公演中に失神寸前(8月8日)
-けが人や体調不良者が続出した分、宮崎想乃さんら若いメンバーが奮闘
深川 全体的に、臨機応変に対応できるようになったんじゃないかと。
下野 4期の子とかが、一日でポジション覚えてきてくれたりするようになってさ。マジ後輩のおかげで回ってる。
深川 一日で覚えるって、本当にすごいよ。
植木 9位くらいに入れてほしいんですけど、山内祐奈ちゃん公演中に寝そうになるっていう(笑)。祐奈ちゃんも一日で(振りを)入れたらしいんですよ。
下野 一部出演っていう感じで。
植木 もうパンクしちゃって、楽屋でも泣く寸前みたいな。公演中も、このまま倒れてしまうんじゃないっていうくらい半目。心配で『大丈夫?』って聞いても『あぁ、はぁい…』って。
下野 あの日は本当に大変だったね(笑)。
植木 寝てなかったみたいで。しかも『制服の芽』っていう。
下野 (本村)碧唯も多分、その日一日で(新ポジ)覚えたとかだよ。私も新ポジだったので『やばいな』と思ってたら、もっとやばい人たちがいた(笑)。
植木 本当に気絶寸前。リハーサルもいっぱいいっぱいになっちゃってて。パンクしそうやし、眠いし(笑)。

-「寝そうになった」どころじゃない(笑)
植木 いやもう、目もこんなん(ほぼ白目)ですよ。
下野 いやー、みんな頑張ったね、あの日は。
深川 みんなをほめよう。
植木 久しぶりに大変な公演を見たよね。

-9位にしとこうか
植木 確かに、(改めて)話したら結構頑張ってたね。


 ■8位・深川舞子、人生初の髪形チェンジ(7月)
深川 8位くらいに、いったん私のイメチェン入れてもいいすか?
植木 謙虚(笑)。
下野 (イメチェン)けっこうでかいよ? 3位くらいに入れちゃっていいんじゃない?
深川 HKT内ではそこまで大きくないから、言うか迷ったんですけど(笑)。

-生誕祭でお披露目
深川 そうです。しかもその日、台風が来てたので(客席に)人も全然いない状態で。
下野 やるんかいって思ったもん(笑)。
深川 私も。ここまで来たら、やんなくていいから!って(笑)。
下野 前の『制服の芽』が大雨で中止になったんですよ。それなのに、台風でやるんかい。逆やろ普通って。まあでも、生誕だしね。振り替えになると大変だしね。
植木 お花とかもね、準備があるし。
深川 いろいろあるから仕方ないけど。

-人生初の前髪
植木 人生初なの? すごい!
深川 小学4年生くらいまでは、普通に切らない状態の前髪があるっていうか。小4からずっと伸ばしてたので、本当に人生初くらい。
植木 何月に切ったん?
深川 7月。
植木 5、6カ月たつのに、いまだに前髪のアイロンぎこちない(笑)。
深川 いまいち、まだつかめてない(笑)。

-心境変わった?
深川 結構変わりました。切る前は、多分誰も見てくれないと思ったし、何も変わらないだろうと思ってたけど、前髪切ってから『かわいくなった』って言われることが多くて。切って良かったと思います。
下野 前は大人っぽかったもんね。
深川 やっと年相応になったって言われる。いい意味でいろいろ変わったなと。これからは1期生のフレッシュ担当でいこうと思います。
植木 うるせぇ。
深川 はいすみません、はいごめんなさい。
下野 フレッシュねぇ…苦しい。

-まだいける
下野 普通に若いよね、俺らね。
植木 まだ若い。
深川 すごい若い。

-おミカンでも食べますか…
植木 やめてくださいよ。
下野 悲壮感出してこないでください。

-まいこむとしては一大決心だった
植木 うれしかったですね。何回か前髪切りたいとは言ってたんですけど、大きなチェンジだからスタッフさんにも『このままでいいんじゃない?』って言われて、何回か諦めてたよね。だから、やっとまいこむがイメチェンできるって、うれしそうだったのがうれしかったですね。

-最初は何とも思わなかった?
深川 最初は何とも思わなかったんですよ、前髪に対して。それが自分の当たり前だったから。でもみんな前髪あるし、私も切った方がいいのかって1年くらいして思い始めて。でも逆に考えると、前髪がないのがはるっぴ(兒玉遥)と私だけだったんですよ。これを突き通すのも、ありなんじゃないかと思って突き通してたんですけど。ちょっと切ってみようかなって。


 ■7位・ドラフト3期(4月)&5期生(11月)加入
-メンバーは60人超に
植木 5期生、幼稚園児ばっかり(笑)。
下野 最初あいさつしに来たとき、マジで遠足かと思ったよね(笑)。2人ずつ手をつないでみたいな感じで。
深川 あいさつも、誰かひとり『よろしくお願いします』って言った後に、うん、うんって(タイミングを合わせて)『よろしくお願いします!』って。そろってる!って(笑)。
植木 Kさん(マネジャー)の指導が行き届いてる(笑)。
下野 ドラ3が入ってきたばっかりのとき、さやまる(馬場彩華)と謎に(ホテルで)同室にされたんですよね。それで仲良くなったんで良かったんですけど。その後、7周年の後にマネジャーさんたちに『ありがとうございました』みたいなのを送ってたら、Kさんに『5期生も同室よろしく』『14人いるからね』って言われて、今から震えが止まらない。

-しなもんが「入り口」になっている
植木 本当に何でも許してくれるし、何でも教えてくれるからだと思います。ダンスもできるし、何を言っても怒るというより、まず優しさから入る。

-しなもんを通ったら次は?
下野 まあここらへん(植木と深川)かねぇ。で、最終的にはみなぞーとなっちゃん(松岡菜摘)。
植木 さやまるちゃんが最近、K4に入ったじゃないですか。ねねちゃん(地頭江音々)が、なっぴ(運上弘菜)と2人でK4に入ったとき心細かったから、そういう思いはさせたくないって、ずっとさやまるちゃんを気にかけてたりして。
下野 この間、公演が終わった後、さやまるちゃんが泣いちゃったんですよ。間違えたとか、うまくできなかったとかで。そしたら真っ先に駆け寄ったのが、ねねちゃんとなっぴで。その光景を見てすごく感動して。『お姉さんになって…』って。
植木 (馬場が)みんなで一列になるところを、真ん中に立っちゃってたんですよ。私たちは『それおもしろいよ!』『笑いにしな?』って言ってるけど、めっちゃ泣いちゃってて。昔を思い出したというか。
下野 ネタにしない感じがね(笑)。
植木 まだ未来は明るいね。まじめな子が多くて。

-K4にねねちゃんとなっぴが昇格して1年
深川 最初はね、ちょっと壁があるかなって思ってたけど、1年たった今、そうやって後輩のことを思いやったりもする子たちなので。
植木 村重(杏奈)が、みんなをつないでくれてる(笑)。村重が中心にいれば、みんな仲良しみたいな(笑)。
下野 3期がいなくて4期だから、そこの壁は厚いのかなと思ってたけど、やっぱり村重が中心にいれば(笑)。
植木 村重の存在は大きい。
下野 7周年で本当に実感した。村重の存在の大きさを。本当にあの人は(HKTに)いてほしい。1期生全員見送ってほしい。


 ■6位・お笑い挑戦&コント劇(9-10月)
下野 『HKTBINGO!』ライブがあってから(『大人のカフェ』との)コント劇だったんですよ。私は『BINGO-』ではあんまり出てなかったから、コントしてるのを見て『うらやましいな』と思ってたんですけど、もうじきめっちゃやるやんって。楽しいですね、コントは。

-冠番組ではコンビを組んで漫才やコント
下野 コントでのキャラクターがあるじゃないですか。例えば、なっぴの『グッとする』とか。
植木 (今村)麻莉愛のマフィアみたいなやつとか(笑)。
下野 ファンの人たちの認識してるキャラが、自分のキャラとはまた別にできたのが良かったと思います。(松本)日向すごかったね。おもしろかった。
植木 よく分かんなかったもん、最後まで。

-なっぴが意外とアドリブもいけるという
植木 けっこうはっちゃけてた。
下野 楽しんでたね。
深川 意外な一面見られたよね。おとなしいイメージがあったので。

-表情を変えずにはっちゃける
下野 一番怖いタイプだ(笑)。
植木 ファンの方に、その場で審査されるじゃないですか。『大笑い』か『滑り地獄』か。『あなたたちはファンですか?』って思うくらい厳しいんですよ。メンバーも言ってたんですけど、だめ出しとかされるって。
下野 握手会でね。
深川 まあそれで全部『大笑い』にしてくるのも、優しさがないのかなとも思うから、そこらへんがね。

-さじ加減が難しいね

 ■5位・TOKYO IDOL FESTIVAL大トリ(8月)
-しなもんが初参加で喜んでた。
下野 多分最初で最後ですよ。
植木 やめろよ。
深川 ネガティブ。
下野 (総選挙の)ランクインメンバーが出るじゃないですか。私、来年総選挙出ないから。もし今と同じ基準でメンバー選ぶとしたら、最初で最後だなと
植木 確かに、そう考えたら私も最後だね。前の(出番の)アーティストさんの『PASSPO☆』さんが解散前最後のTIFで、さっしーも『いつも以上に気を引き締めて』って言われたから、けっこう緊張しました。あと朝イチのラジオ体操もおもしろかった。
下野 ラジオ体操ってこんなに盛り上がるんやって(笑)。
植木 あと、いろんなアイドルさんと並んでると、やっぱりいつもと違うよね、気分的に。かわいいなーと思って。もっと自分磨きとか頑張らないとなーと思いました。
下野 後輩たちが野外ステージで汗びっしょりになって頑張ったり、大トリのステージでも渡部愛加里ちゃんがセンターやったりとか、若い子が勢いをつけてくれたなって感じはありました。

-例年の基準なら来年は1期生がごっそり減る
植木 しなもんも(総選挙)出ないでしょ、南央も出ないでしょ。
深川 私も出ない。
下野 誰も出んやん。

-誰が出る? 逆に
下野 出そうな子、あんまいないね。もうなんか、みんな一通り戦い終わった、みたいな感じ。
植木 なつ(松岡菜摘)とかは?

-多分、出ないのでは
下野 (本村)碧唯も最後だったね。
深川 強いて(森保)まどかとか…。
植木 いや、まどかも出ない。
下野 (熊沢)世莉奈も出ないかな?
深川 多分出ない。

-1期生全滅なら、それはそれで注目される
下野 去年は、さしさん(指原)と村重が一緒にSHOWROOMとかやって盛り上げてくれたから、もし1期生が全員出ないならもう全員で。
深川 盛り上げますよ(笑)。
下野 盛り上げ隊になって(笑)。

-関わり方だね
下野 どうやって関わるかだね。
植木 (自分が)総選挙出たの7回? そりゃファンの人も大変だ。毎年本気で頑張ってくれてるから、すごいことになっちゃいますもんね。


 ■4位・7周年も1期生残りすぎ
植木 1期生8年目にして残りすぎ。
下野 10人くらいいるでしょ? やばくない? 何でいるの(笑)。
植木 何でいるんだろう?
深川 居心地が良すぎるのもあるよね。

-「残りすぎ」とは
植木 いい意味でも悪い意味でもね。
下野 どっちもあると思う。
深川 最近の、4期とかから入った人たちからしたら、私たちは…多分、ねぇ。

-「まだいるのか」と思う?
植木 個人個人がやりたいことを見つけるんじゃなくて、こうしてみんながHKTを頑張りたいみたいに思ってるあたりが、HKTらしいというか、私たちらしいかな。
下野 HKTに愛情あるよね。

-1期生を見てると、辞めるんじゃないかと思うことが増えた
下野 でも私は、多分IZ*ONE(に専任中の宮脇咲良と矢吹奈子)が戻ってくるまで(HKTに)いるんだわ。めっちゃリアルな話ですけど、大学と両立するって決めたから、両立達成するまで辞められないんですよ。ってなると、ちょうどあと2年半いることになって。だからIZ*ONE帰還とともに辞めるかもしれん(笑)。
植木 IZ*ONE待ち?
下野 咲良からも『(戻ってくるまでに)1期生誰が残るかな』みたいに言われてて『あー、いないだろうな、いないだろうな』ってなって、下野のところに来たとき『いるわ』って(笑)。

-新劇場のステージを、何人が踏むんだろう
下野 新劇場ができるのは、マジでスタッフさんのおかげだと思うんですよね。でも、待ち望んだ人たちが実際に立てるかどうかは、分からないじゃないですか。それがちょっと複雑だなって思ったんですけど。でも新劇場っていう場所を残すとかは、これからの後輩たちにできることじゃないですか。そういう、これから後輩のために何かを残せないかなっていうのを、7周年を終わってから考えてました。答えは、まだ出てないですけど。
植木 そうね。それまでHKTをつなぐ、じゃないけど。だって2年半後でしょ?

-植木くん辞めるんじゃないかと心配した
植木 ファンの人に言われすぎて『え、辞めた方がいい?』って(笑)。
下野 逆に(笑)。
植木 私ももう21歳ですし、でも別に焦ってはなくて。ここにいると普通出会わない人にもたくさん関われるし、いろんな事を吸収できるから、ここでいろいろ見つけて…って感じなので、私はまだ大丈夫な方です。
下野 いいの? 辞めなくていいの?
植木 …半年は。

-半年とか一瞬(笑)
下野 でも本当に分かんなくない? そん時にならないとさ。私も実際分かんないじゃん。

-卒論書くとかでね
下野 ちょっと卒論やばいんでって(笑)。
植木 でもさ、辞めるときはこうやって素で、いっぱいしゃべれるっていうのは大きいよね。おばあちゃんとか、毎回出るたびに(西スポを)買ってくれるところで。
深川 逆に居座りすぎて、明日いざ解散になりますってなったら、どう変わるんだろう…とは思います。誰が辞めるとかじゃなくて、大人の事情とか何でもいいから。

-活動休止みたいな
下野 そうなったら、辞めときゃ良かったってなる(笑)。
植木 大事に卒業したい(笑)。
下野 みんな一斉に行こうじゃなくて。
植木 惜しまれて、しっかりね。
下野 見送ってほしかったのに、みたいな(笑)。

-卒業記事を書くのは悲しい
下野 AKBの藤田奈那さんが卒業発表したとき、気になって聞いちゃった。『どうなんですか? 卒業発表って』って。そしたらやっぱり、発表の日ってめっちゃ緊張するらしいです。
植木 隠せなさそう。南央がもし、今日(卒業を)発表するってなってても、朝の楽屋からこう(固まって)なる。
下野 おまえ今日辞めるやろ(笑)。
植木 私、絶対そういうの隠せないんですよね(笑)。
下野 みんなに言っちゃいそう(笑)。
深川 私は絶対、あらかじめみんなにLINE(ライン)で言う。
植木 言われてたい。ここに来て、急にしなもんとかまいこむが発表したら、『なんで教えてくれんかったん?』ってなる。

-若田部遥卒業発表のときは驚いた
深川 私、わかに言われなかったんですよ(笑)。結局『言えなかった』って言ってくれたんですけど。
下野 タイミングがなかったらしい。
深川 握手会のときに1期生みんなに言ってたみたいなんですけど、私がたまたま最後の方で、すれ違ってて。結構重い雰囲気だったからケンカしたのかな?と思って、そのままにしてたら、LINEで『きょう若田部遥が卒業発表します』って。そこで初めて聞いて『えっ? 待って、聞いてない』って(笑)。

=2019/01/01 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]