【西スポ特集】HKT48 さいたまスーパーアリーナ単独公演 もはや普通のコンサートではない

アンコールの「メロンジュース」を披露中、緑色のペンライトで埋め尽くされる会場(撮影・古川泰裕)
アンコールの「メロンジュース」を披露中、緑色のペンライトで埋め尽くされる会場(撮影・古川泰裕)
写真を見る

 ●武道館から1年…進化した強烈パフォーマンスで度肝抜いた!
 
 旅立つ仲間に送るはなむけの歌声は、「HKT新章」の始まりを告げる号砲-。5日にさいたまスーパーアリーナで開かれた「AKB48グループ春コンinさいたまスーパーアリーナ~思い出は全部ここに捨てていけ!~」のHKT48単独公演は、AKB48に移籍する中西智代梨、SKE48に移籍する谷真理佳にとって、HKTのメンバーとして出演する最後のコンサートだった。「らしさ」をふんだんに詰め込み、1万8000人を魅了した笑いあり、涙あり、驚きありの49人の全力パフォーマンス。別れと出会いを経て成長を続けていくHKTの姿そのものだった。 (古川泰裕)

 ●「大運動会」

 日本武道館での単独コンサートから約1年。見違えるほど大きく成長した少女たちの姿が、ステージ上にあった。

 幕開けは、まさかの「大運動会」だった。体操服姿で飛び出したメンバーが、なぜか一人だけブルマー姿で登場した劇場支配人・指原莉乃の笛の合図で、組み体操。はしゃぎながら「サボテン」や「ピラミッド」に挑戦していく。「大玉転がし」では客席に大玉を投げ入れ、早く転がすようにファンをあおる。会場を巻き込む「パフォーマンス」で、1万8000人の心をがっちりとつかんだ。九州7県ツアーの「ザ☆ピ~ス!」に続き、最初から度肝を抜く演出。のっけから「普通のコンサートではない」と、強烈に印象づける構成は、もはやHKTの十八番と言っていい。

 ●名曲カバー

 コンサート中盤では、九州ツアーの福岡公演で好評を博した、懐かしの名曲カバー「HKT48ザ・ベスト5」。大人っぽく成長した宮脇咲良や松岡菜摘らが「CAT’S EYE」(杏里)で抜群の存在感を発揮し、移籍が決まっている中西智代梨と谷真理佳が「花*花」の「あ~よかった」で、息のあったハーモニーを聞かせる。指原支配人に至っては、ギタリストのマーティ・フリードマンと共演。若いメンバーとはひと味違った力強い歌声で、「あゝ無情」(アン・ルイス)を熱唱した。

 「ベスト5」終了後も「仕掛け」は止まらない。新たな二枚看板となった12歳コンビ・矢吹奈子と田中美久が、新曲「生意気リップス」をかわいらしく披露し、田中菜津美や秋吉優花も負けじと、それぞれの個性を際立たせたMCで会場を沸かせた。書きだせばきりがない、グループとしても、メンバー個人としても、1年前では考えられなかったような進化。その証しを、これでもかと見せつけた。

 終盤、秋元康プロデューサーから送られた新曲「今 君を想(おも)う」を、全員が号泣しながら歌う。圧倒的な個性でHKTを明るく照らし、ファンやメンバーからこよなく愛された中西と谷へのはなむけのハーモニー。森保まどかの奏でるキーボードの音色が花を添え、会場に集ったメンバー、そしてファンの心を揺さぶった。ともに歩んだ日々、成長の軌跡こそが絆の強さの証明。かけがえのない仲間との別れが、また新たな成長へとつながるのかもしれない。

 ●新体制始動

 SKE48兼任の木本花音も合流し、いよいよ新たな体制で再始動するHKT48。今月末からは、アリーナツアー「可愛(かわい)い子にはもっと旅をさせよ」がスタートする。1万8000人の観衆を魅了した経験と自信は、ツアーでも十二分に生かされるはずだ。九州を飛び出し、全国へ。ホールを飛び出し、アリーナへ-。別れと出会いを経て、一回り大きくなった47人。新たなステージの扉を開く時がきた。


 ◆SKEと兼任の木本花音も参加

 大組閣や研究生の昇格により、新たな顔ぶれで再出発するチームHとチームK4が、コンサートの序盤でお披露目された。チーム初のパフォーマンスでは、SKE48との兼任で、チームK4に加入した木本花音も初登場。MCでも、指原や村重らと息のあった掛け合いを見せていた。

 終盤には、現在HKT48劇場で実施しているチームH「博多レジェンド」が17日に、研究生の「脳内パラダイス」が21日に、それぞれ千秋楽を迎えることを発表。併せて、新チームH公演「青春ガールズ」が23日に、新チームK4公演「シアターの女神」が来月8日にスタートすることも発表した。

=2014/04/09付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]