【福岡県久留米市】ハルサザンカ 境内に彩り 田主丸の石垣山観音寺 あす祭り

写真を見る

 久留米市田主丸町石垣の石垣山観音寺(菊川恵暁(えぎょう)住職)で、樹齢約350年のハルサザンカが愛らしく丸みを帯びた赤い花を咲かせている=写真。18日午前11時からは恒例の「第28回さざんか祭り」が開かれる。

 ハルサザンカは本堂東側に立つ高さ約8メートルの老木で市指定天然記念物。寺は毎年2月の第3日曜に祭りを開いている。副住職の菊川恵信(えしん)さん(29)は「現在は五分咲き程度。3月までは花を楽しめます」と話す。

 さざんか祭りでは護摩焚(だ)きや和太鼓によるミニ音楽会があるほか、観音寺の金光上人が退治した怪物の手とされる寺宝「牛鬼の手」なども公開する。ちらしずしの振る舞い、アザレアの鉢植えのプレゼント(先着200人)もある。観音寺=0943(72)3490。

=2018/02/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]