【佐賀市】鑑真ゆかりの「瓊花」見頃 佐賀市

甘い香りを漂わせる県立森林公園の瓊花
甘い香りを漂わせる県立森林公園の瓊花
写真を見る

 8世紀に中国・唐から日本に戒律を伝えた鑑真(がんじん)和上ゆかりの名花「瓊花(けいか)」が、佐賀市久保田町の県立森林公園で見頃を迎えた。

 瓊花は、スイカズラ科の落葉低木で樹高約4メートル。4~5月にガクアジサイに似た黄白色の花を付ける。

 鑑真和上は同市嘉瀬町付近に上陸したとの伝承があり、地元顕彰会が1990年、公園に記念碑を建立した。その際、鑑真和上が住職を務めた中国・揚州市の大明寺から株分けされたという。

=2018/04/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]