【熊本県阿蘇地方】原野に花々の競演 阿蘇 春の顔触れ多彩

春の原野を鮮やかなピンク色に染めたサクラソウ
春の原野を鮮やかなピンク色に染めたサクラソウ
写真を見る
目の覚めるような純白のスズランも顔を出している
目の覚めるような純白のスズランも顔を出している
写真を見る
咲き始めたハルリンドウ。草地に群れ咲いていく
咲き始めたハルリンドウ。草地に群れ咲いていく
写真を見る
鎌首をもたげ、にらみつけているようにも見えるマムシグサ
鎌首をもたげ、にらみつけているようにも見えるマムシグサ
写真を見る

 阿蘇地方の原野に春の訪れを告げる野の花は、キスミレやミチノクフクジュソウの時季が過ぎ、サクラソウやハルリンドウが新たな主役として登場した。緑が芽生えて草原が戻るこれから、季節の足取りは早く、花々の顔触れはめまぐるしく変わっていく。

 阿蘇の野の花は希少種が多く、その保全は長く課題になっている。前年まで群れ咲いていた種が、こつ然と姿を消してしまうこともある。原野にあっての野の花の輝きである。「野の花を大切に」と声を大に訴えたい。

=2018/04/26付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]