【長崎県雲仙市】ヒカンザクラ 旧鍋島家彩る 雲仙・神代地区

満開となった旧鍋島家住宅のヒカンザクラ
満開となった旧鍋島家住宅のヒカンザクラ
写真を見る

 江戸時代からの古い町並みを残す雲仙市国見町神代(こうじろ)地区の旧鍋島家住宅(国の重要文化財)を彩るヒカンザクラが見頃を迎えた。高さ約3メートル、差し渡しは8メートルほどに広がる枝には濃いピンクの花が満開。行楽客が次々と写真を撮ったり、じっくり見入ったりして楽しんでいる。

 同住宅を中心とした神代小路(こうじろこうじ)伝統的建造物保存地区では3月3日まで「第11回緋寒桜(ヒカンザクラ)の郷祭り」を開催中。24日にはまちなみ交流館でオカリナフェスタがあり、島原半島や諫早市のオカリナ愛好家ら10組約60人が澄んだ調べを響かせた。

=2019/02/26付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]