囲碁、井山とAIは2連敗 世界戦第2日

 中国のミ・イク廷九段(左)に敗れた井山裕太碁聖=22日、大阪市の日本棋院関西総本部
中国のミ・イク廷九段(左)に敗れた井山裕太碁聖=22日、大阪市の日本棋院関西総本部
写真を見る

 囲碁の日中韓トップ棋士と人工知能(AI)が争う、ワールド碁チャンピオンシップ2日目は22日、大阪市の日本棋院関西総本部で2回戦が打たれ、日本の井山裕太碁聖はミ・イク廷九段(中国)に、DeepZenGo(AI)は朴廷桓九段(韓国)にそれぞれ敗れ、2連敗となった。

 井山碁聖は接戦を繰り広げたが、初勝利はならなかった。AIは世界屈指の強豪を追い詰めたが、逆転を許した。

 これで朴九段とミ九段が2連勝となり、23日の3回戦で優勝を懸けて直接対決する。井山碁聖とAIは共に初勝利を目指す。公の場で、井山碁聖とAIが対戦するのは初めて。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]