国民栄誉賞26日決定で調整 羽生、井山氏へ政府

 羽生善治氏、井山裕太氏
羽生善治氏、井山裕太氏
写真を見る

 政府は、将棋界史上初の「永世七冠」を成し遂げた羽生善治氏(47)と、囲碁で初めて七冠独占を2度果たした井山裕太氏(28)への国民栄誉賞授与について、26日に閣議決定する調整に入った。授与式は来年2月にも開かれる。将棋、囲碁界で初めての受賞となる。関係者が22日明らかにした。

 国民栄誉賞は1977年に創設された。これまでに芸能や文化、スポーツなどの分野で功績を残した24の個人・団体が受賞している。昨年には、女子個人種目で五輪史上初の4連覇を果たしたレスリングの伊調馨選手に贈られた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]