羽生氏と井山氏が会見で喜び 「驚きと同時にうれしい」

 国民栄誉賞受賞が決まり、喜びを語る将棋の羽生善治氏(左)と囲碁の井山裕太氏=5日
国民栄誉賞受賞が決まり、喜びを語る将棋の羽生善治氏(左)と囲碁の井山裕太氏=5日
写真を見る

 将棋、囲碁界で初の国民栄誉賞受賞決定を受け、羽生善治氏(47)と井山裕太氏(28)が5日、それぞれ記者会見を開いた。羽生氏は「驚きと同時にうれしく思う。たくさんの人に将棋を楽しんでもらえるような環境をつくりたい」、井山氏は「囲碁界全体を評価していただけたという意味で非常にうれしく思っている」と喜びを語った。

 東京都渋谷区の将棋会館で会見した羽生氏は「将棋は過去に実績があっても、取り残されることがある。挑戦していくことが大事」と自身の棋士人生を振り返った。

 大阪市内のホテルでの会見で井山氏は「皆さんの期待に沿えるような棋士になれるよう頑張りたい」と述べた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]