17年の大賞は桐生祥秀選手 「関西元気文化圏賞」

 桐生祥秀選手
桐生祥秀選手
写真を見る

 関西から日本を元気づけた人や団体に贈られる「関西元気文化圏賞」の2017年の大賞が、陸上男子100メートルで日本人初の9秒台を記録した桐生祥秀選手(22)に決まり22日、大阪市で贈呈式が開かれた。

 桐生選手は昨年9秒98の日本記録を打ち立て、多くの人を元気にしたと評価。父康夫さん(53)が代理で出席、桐生選手はビデオで「今年は自分の走りをしっかりして、勝負ができる強い選手になりたい」と抱負を語った。

 特別賞には囲碁で初めて七冠独占を2度果たした井山裕太さん(28)、ニューパワー賞には、「バブリーダンス」が話題を呼んだ大阪府立登美丘高ダンス部などを選出。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]