囲碁の井山、世界一へ大一番 LG杯、第3局

 囲碁の第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝3番勝負の最終第3局で、謝爾豪五段(右)と対戦する井山裕太碁聖=8日午前、東京都千代田区の日本棋院
囲碁の第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝3番勝負の最終第3局で、謝爾豪五段(右)と対戦する井山裕太碁聖=8日午前、東京都千代田区の日本棋院
写真を見る

 世界一へあと1勝と迫った囲碁の全七冠保持者、井山裕太碁聖(28)と中国の謝爾豪五段(19)が対戦する第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝3番勝負の最終第3局は8日午前9時、東京都千代田区の日本棋院で始まった。

 井山碁聖は第2局に比べ、リラックスした様子で対局をスタートした。第3局は井山碁聖の黒番になった。右上で戦いが始まり、激しい立ち上がりとなっている。

 LG杯は持ち時間が長く、32人でトーナメントを争う世界戦。今回、井山碁聖にとって初となる主要国際棋戦優勝が懸かっている。

 第1局は謝五段が先勝。第2局で井山碁聖が勝ち、決着を最終局に持ち込んだ。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]