囲碁、井山が決勝に進出 第2回ワールド碁

 囲碁のワールド碁チャンピオンシップ準決勝で山下敬吾九段を破り、決勝進出を決めた井山裕太碁聖=18日、東京都千代田区の日本棋院
囲碁のワールド碁チャンピオンシップ準決勝で山下敬吾九段を破り、決勝進出を決めた井山裕太碁聖=18日、東京都千代田区の日本棋院
写真を見る

 囲碁の第2回ワールド碁チャンピオンシップは18日、東京都千代田区の日本棋院で準決勝が打たれ、井山裕太碁聖(28)が山下敬吾九段(39)との日本勢対決を制して決勝に進出し、初優勝にあと1勝とした。決勝は19日に同所で行われる。

 井山碁聖は2013年、早碁のテレビ囲碁アジア選手権で国際棋戦初優勝を果たしているが、持ち時間が長い棋戦での優勝はなく、初制覇が懸かる。

 もう一方の準決勝は、韓国の朴廷桓九段(25)が中国の柯潔九段(20)を破り、決勝に進んだ。朴九段は前回大会の優勝者で、柯九段と共に「世界の2強」とされる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]