AIが棋士に勝ち越す 囲碁電王戦、開発は終了

 囲碁ソフト「DeepZenGo」に敗れた趙治勲名誉名人=7日午後、東京都千代田区の日本棋院
囲碁ソフト「DeepZenGo」に敗れた趙治勲名誉名人=7日午後、東京都千代田区の日本棋院
写真を見る

 日本、中国、韓国の囲碁棋士と人工知能(AI)が対戦する「囲碁電王戦FINAL」は7日、東京都千代田区の日本棋院で3番勝負の第3局が打たれ、「DeepZenGo」(以下Zen)が趙治勲名誉名人(61)を破り、2勝1敗と勝ち越した。

 Zenは2016年3月発足のプロジェクトで開発された日本製AI。プロジェクトには囲碁ソフト開発者や東大などが参加した。17年3月には日本の第一人者、井山裕太碁聖と対戦して勝利。今春、プロジェクトが終了し、Zenは2年間の集大成として同戦に出場していた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]