囲碁の碁聖戦、挑戦者の許が先勝 第1局、井山碁聖は7連覇懸け

 第1局で井山裕太碁聖を破った許家元七段=23日夜、金沢市の北國新聞会館
第1局で井山裕太碁聖を破った許家元七段=23日夜、金沢市の北國新聞会館
写真を見る

 囲碁の井山裕太碁聖(29)に許家元七段(20)が挑戦する第43期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)5番勝負の第1局は23日、金沢市の「北國新聞会館」で打たれ、午後6時52分、226手で許七段が白番中押し勝ちし、先勝した。

 後半、許七段が黒の大石を厳しく攻め、リードを奪って勝ち切った。

 許七段は初挑戦での奪取を狙い、井山碁聖は7連覇と七大タイトル独占の維持が懸かる。

 持ち時間各4時間のうち、残りは許七段3分、井山碁聖1分。

 第2局は7月6日、東京都千代田区の日本棋院で行われる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]