囲碁の井山、新記録の通算43期 七大タイトル獲得数

 山下敬吾九段(右)に勝利し対局を振り返る井山裕太天元=19日午後、徳島市
山下敬吾九段(右)に勝利し対局を振り返る井山裕太天元=19日午後、徳島市
写真を見る
 井山裕太天元
井山裕太天元
写真を見る

 囲碁の五冠保持者、井山裕太天元(29)=棋聖、本因坊、王座、十段=は19日、天元を防衛し、七大タイトル獲得数を単独最多となる通算43期に伸ばした。若き第一人者は、2009年の初タイトルからわずか9年で新記録に到達した。

 徳島市で打たれた第44期天元戦5番勝負の第5局で挑戦者の山下敬吾九段(40)に188手で白番中押し勝ちし、対戦成績3勝2敗で4期連続、通算7期目の天元を獲得、五冠を維持した。

 対局は井山天元がしのぐ展開となり、終盤で優位に立って押し切った。終局後、「(記録更新は)自分の力からみれば出来すぎだと思う」と話した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]