(終了)NTT西日本スペシャル おいでよ!絵本ミュージアム2018

©三浦太郎
©三浦太郎
写真を見る

「絵本ミュージアム」シリーズは2007年より毎年開催しており、今年で12回目を迎えます。

今年は「こどもの時間」をテーマに、その時間の唯一性や貴重性を、絵本の世界観を通して表現し、伝える会場構成やイベントが展開されます。国語の教科書にも掲載され広く親しまれている『スイミー』をはじめ、カラフルな色使いで世界中で愛されている『おばけのバーバパパ』、子どもの心の揺らぎやしぐさのリアルさが繊細に描き出され、多くのファンを魅了してきた林明子さんの『はじめてのおつかい』、ユーモアとナンセンスとファンタジーに溢れる長新太さんの『そらとぶアヒル』、絵本を通して親子の楽しいコミュニケーションの時間を描いた『くっついた』、勘違いから始まった恐竜親子の愛情物語『おまえ うまそうだな』などを中心に、絵本の世界が飛び出したような空間展示をいたします。

体験型展示のほか、原画展示や自由に手にとって読むことのできる約1,000冊の絵本など、子どもから大人までが楽しめる内容となっています。


【日程】2018/07/19(木) ~ 2018/08/19(日)

【時間】10:00 ~ 18:00

【休館日】会期中無休

【会場】福岡アジア美術館
 (福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7階)

【料金】一般1,000円(前売800円)、高大生700円(500円)、小中生500
円(300円)、未就学児は無料 ( )内は、20人以上の団体・前売料金 この料金で、アジアギャラリーの展示もご覧いただけます。

※次の方は無料となります。身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育
手帳の保持者本人と介護者1名、及び特定医療費(指定難病)受給者証・特定
疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定
疾病医療受給者証の保持者本人。※三菱地所アルティアム(イムズ8階)『ト
ンコハウス展 「ダム・キーパー」の旅』のチケット提示で2名様まで前売り
料金で入場できます。

【主催】福岡アジア美術館、西日本新聞社、TNCテレビ西日本、NPO法人子ども文化コミュニティ

【URL】http://kodomo-abc.org/ehonmuseum2018/

【問い合わせ先】西日本新聞イベントサービス 
TEL:092-711-5491(平日午前10時~午後5時)
※会期中のお問合せは福岡アジア美術館(TEL:092-263-1100)へ


さらに詳しい情報は、「九州、山口の展覧会情報&アートカルチャーWEBマガジン ARTNE」をチェックしてください。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]