(終了)特別展「浄土九州ー九州の浄土教美術ー」

阿弥陀如来立像 鎌倉時代 福岡 萬行寺
阿弥陀如来立像 鎌倉時代 福岡 萬行寺
写真を見る

日本人の生き方に深い影響を及ぼした浄土信仰は、今から約900年前の平安時代、末法思想の流行とともに盛んになりました。その中心となった西方極楽浄土のほとけ、阿弥陀仏は苦しみの多いこの世を生きる人々の心の拠り所となり、様々なかたちにあらわされてきました。

福岡市博物館で開催される本展覧会ではこうした九州の浄土信仰に注目し、その中で生み出された多彩な絵画や彫刻など約200点を展示します。燦然と輝く極楽浄土の情景や来迎の姿をあらわす阿弥陀像、信仰の力を象徴する名号などを通じて、来世に願いを託した先人たちの心に触れてみてはいかがでしょうか。


《日程》2018/09/15(土) ~ 2018/11/04(日)

《時間》09:30 ~ 17:30 ※入場は17:00まで

《休館日》毎週月曜日
(ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は翌平日休館)

《会場》福岡市博物館(福岡市早良区百道浜3-1-1)

《料金》一般:1,300円(1,100円)、高大生:900円(700円)
    ※中学生以下無料

《主催》福岡市博物館、西日本新聞社、TVQ九州放送

《URL》http://museum.city.fukuoka.jp/

《問い合わせ先》福岡市博物館 TEL.092-845-5011


さらに詳しい情報は、「九州、山口の展覧会情報&アートカルチャーWEBマガジン ARTNE」をチェックしてください。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]