チアダンスの素人が3年で全米制覇!夢を叶えた女性教師と女子高生たちの実話

チア☆ダン 「女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の真実 円山夢久著
チア☆ダン 「女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の真実 円山夢久著
写真を見る

 チアダンスの経験などなかった女子高生たちが、全米チアダンス選手権大会で優勝という快挙を成し遂げる。創作であればあり得そうなサクセスストーリーだが、これが実際に起きた話となると驚きは大きい。本書は、彼女たちを全米優勝へと導いた女性教師の軌跡をつづったノンフィクションである。映画化され、先生役に天海祐希さん、女子高生役として広瀬すずさんが演じていることでも話題を呼んでいる。

 奇跡ともいえる物語を実現させた五十嵐裕子先生は、テレビドラマの熱血系の先生に憧れて教師の道を選んだという方。といっても、順風満帆に教師生活を送ってきたわけではない。新任の高校では、理想を目指して奮闘するも、厳しく指導するほどに生徒が離れていくという挫折を経験する。真っ直ぐな気質が裏目に出てしまい、思いが空回りする日々を11年間送ったのち異動を決意する。

 そして、次の赴任先が決まるまでの時期に、五十嵐先生とチアダンスの運命的な出会いがある。偶然目にした、厚木高校チアダンス部・全米優勝のニュース。とほうもなく大きなパワーを放つ女子高生たちの姿が、彼女の心に再び情熱の炎をともらせたのだ。「自分もこんなチームをつくってアメリカに行く」という新たな夢が、彼女を導くかのように異動先が決まる。

 舞台となるのは、甲子園出場の常連校としても知られる福井商業高等学校。しかし、ここに初めからチアリーダー部が存在していたわけではない。あったのは、いわゆるギャルといわれる子たちが集まったバトン部。五十嵐先生はこの真面目に練習をしていなかったバトン部を、全米大会を目指すチアリーダー部に変えるという挑戦を始めるのだ。当然のことながら生徒や保護者との対立は起きるが、彼女の信念と情熱が、しだいに生徒たちの心を変えていく。五十嵐先生の夢が生徒たち自身の夢となり、ついに、たった3年で素人だった女子高生たちを米国・フロリダの地へと降り立たせたのだ。

 結果だけをみれば、美しい物語である。しかし、先が見えない渦中にあって「夢はかなう」「人は変われる」という信念を持ち続けることは容易ではない。五十嵐先生、そして生徒たちを支えたのは、特別な能力ではなく情熱である。けっして器用とはいえない五十嵐先生が夢を実現するまでの道のりをつづった本書は、読者に大きな希望を与えるだろう。


出版社:株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス
書名:チア☆ダン 「女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の真実
著者名:円山夢久
定価(税込):1,512円
税別価格:1,400円
リンク先:http://amwbooks.asciimw.jp/sp/cheerdance/


西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]