あなたのデンタルIQはどのくらい!?歯みがきで健康を気遣おう

その歯みがきは万病のもと デンタルIQが健康寿命を決める 相馬理人著
その歯みがきは万病のもと デンタルIQが健康寿命を決める 相馬理人著
写真を見る

 ほとんどの人が日常的におこなっているのが歯みがきである。にもかかわらず、歯みがきについてどれだけ正しい知識をもっているかというと、心もとない。すなわち、デンタルIQが低いということになる。たいていの人が虫歯になってから、もっとちゃんとみがいておけばよかったと思う。あるいは、ちゃんとみがいていたはずなのにと首をかしげる。

 しかし、間違った歯みがきは、効果がないだけでなく、健康への悪影響があるという。NG例が10個挙げられているので、いくつかピックアップしてみよう。

 「手を大きく動かして、3、4本の歯を一気にみがく」
「ゴシゴシと力強くみがく」
「みがく順番を気にしていない」
「歯磨剤(歯みがき粉)をたっぷりつける」
「同じ歯ブラシを半年以上使い続けている」

 また、歯みがきへの意識が高い人にも「電動歯ブラシなのに、手を動かしてしまう」といった落し穴がある。正しい歯みがきは、これらを反対にしたものだと思えばいい。
「基本は、歯と歯の間にブラシの毛先を入れるようなイメージで歯にピタッとあてたまま、小刻みに動かします。その際、毛先が開くほど強くあてないように意識してください」

 こうした基本をおろそかにすると、虫歯や歯周病の原因であるプラークをきちんと取り除けない。その結果、歯周病になってしまうと、こんどは糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞をはじめ、さまざまな病気のリスクを高める。まさに「万病のもと」である。

歯みがきの話から脳梗塞まで話がいってしまうと、にわかには信じられない気もするが、医学的なデータの裏付けを用いて解説してあり、そういうことなのか!と納得できる。

 著者は読者の不安を煽るのではなく、そうならないためにはどうしたらいいか、ということを教えてくれる。治療の最前線や予防のこと、さらには「いい歯医者」についても紹介されている。

 これを読めば、歯科医によく貼ってある「80歳で20本(ハチマルニイマル)」という言葉の重みがわかるはずだ。


出版社:SBクリエイティブ
書名:その歯みがきは万病のもと デンタルIQが健康寿命を決める
著者名:相馬理人
定価(税込):864円
税別価格:800円
リンク先:http://www.sbcr.jp/products/4797390650.html


西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]