甘党必携!選りすぐりのおやつ満載のこだわりガイドブック

BRUTUS特別編集 合本 最高のおやつ マガジンハウス編
BRUTUS特別編集 合本 最高のおやつ マガジンハウス編
写真を見る

 「BRUTUS」といえば、こだわりのライフスタイルを提案する老舗情報誌。なかでも「特別編集」号はこれまでに雑誌で取り上げたテーマを深掘りしたり、付け足したりして一冊にまとめたもの。映画やコーヒー、読書など、さまざまなサブカルチャーのカテゴリからワンテーマを決めて徹底的に掘り下げたスペシャルエディションとなっている。老舗や定番ものを多く扱っているので、情報が古びずに何年後かに読み返しても楽しめるのがいいところだ。

 今回のテーマは「最高のおやつ」というタイトル通り、甘い物からスナック、せんべい、高級店の逸品からコンビニのお菓子、懐かしの駄菓子まで、幅広く取り揃えて紹介している。

 個人的にいちばん好きな「BRUTUS」特別編集は「手みやげ&お取り寄せ」号だが、やはり食べ物企画にハズレなし。今号も見ているだけで思わず口元が緩んでしまう、選りすぐりのおやつがずらりと並んでいる。

 たとえば「定番おやつ」の企画ではレモンケーキ、クリームパン、ホットケーキ、プリン、フルーツサンド、小倉トースト、おはぎ(つぶあん)、懐中汁粉と細分化。それぞれの名店が7店舗ずつ紹介されている。近所の店が載っていないか、いちいち確認するのも楽しい。ちなみに懐中汁粉とは、江戸時代からあるインスタント食品のようなもので熱湯を注いで汁粉にして食べるものだと、この企画で初めて知った。こういったサブカル知識を満たしてくれるのも、老舗情報誌ならでは。厳選された情報の質と量がハンパないのだ。

 もうひとつ、著名人が自分の好きなものとその理由を紹介しているのも、「BRUTUS」の定番スタイル。「あ、この人これが好きなんだ。俺と同じじゃん」なんて勝手に親近感を覚えたり、「へー。この人のおすすめなら今度試してみようかな」とチェックリストに入れたりするのが、正しい楽しみ方だ。

 言葉でくどくど説明するよりも、誌面に掲載されている写真を見れば美味しさが伝わるはず。眺めているだけで、誰もが幸せになれること間違いなし。甘い物多めの紹介だから、甘党ならぜひとも手に入れておきたい一冊だ。


出版社:マガジンハウス
書名:BRUTUS特別編集 合本 最高のおやつ
著者名:マガジンハウス編
定価(税込):780円
税別価格:722円
リンク先:http://magazineworld.jp/books/paper/5199/


西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]