読んで悔いなし! 東野圭吾のエッセンスが凝縮された極上の短編集

素敵な日本人 東野圭吾著
素敵な日本人 東野圭吾著
写真を見る

 『秘密』『容疑者Xの献身』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』など数々のベストセラーを生み出す人気作家、東野圭吾氏の短編集。一話完結で、そのジャンルは、ミステリー、ファンタジー、サスペンス、SF、とさまざま。できれば一話一話をゆっくり堪能したいところだが、読み始めると本を閉じるのがもったいなくなるほど、全話で作中に引きこまれていく。

 長編ミステリー作家のイメージを持たれがちな著者であるが、その神髄は短編集にあると言っても過言ではない。1話約30ページの中に読者が予想する結末を鮮やかに裏切る結末が仕掛けられている。

 例えば、第5話『レンタルベビー』では、一人の女性が赤ちゃんロボットをレンタルするところから物語がスタートする。育児を疑似体験する中で、女性の内側にこれまで抱くことのなかった感情が芽生えていき、やがて赤ちゃんロボットを返却する日を迎える。この流れだけを読むと近未来のSF小説という印象だが、結末のあとの結末がおもしろい。

 一般的なストーリーの構成が“起承転結”であるなら、本作に収められている9話の構成は“起承転結結”だろう。ファンタジーの印象を強く受ける『サファイアの奇跡』というタイトルがつけられた話の結末も、やはりファンタジーだけでは終わらない。各話のタイトルと結末に、良い意味で裏切られること間違いなしだ。

 どこか面白おかしく心をくすぐられる、笑いあり、涙あり、東野圭吾のエッセンスが凝縮された極上の9編。登場人物も、自分の身近にいるかもしれないと思うほど愛着を持てるキャラクターばかり。だから短編集のタイトルが『素敵な日本人』なのだろう。1話にかかる読書時間は30分ほどとそう長くはない。東野圭吾ファンにはもちろん、長編ミステリーを読む時間がないという人や、そもそも読書が苦手という人にも、自信を持っておすすめできる一冊だ。


出版社:光文社
書名:素敵な日本人
著者名:東野圭吾
定価(税込):1,404円
税別価格:1,300円
リンク先:http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334911515


西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]