人生で大切なことは、すべて深夜のラジオが教えてくれた

ラジオ・ガガガ 原田ひ香著
ラジオ・ガガガ 原田ひ香著
写真を見る

 本書は実在する人気の深夜ラジオ番組を聴きながら、ひたむきに生きる人々の姿を描いた5つの短編集。深夜ラジオはとても独特な世界だ。人気のタレントたちが、普段テレビで見る姿とは異なり、かなり本音で話している。端正な顔立ちの福山雅治がエロトークを連発したり、いい人キャラのはずの関根勤が毒々しい発言をする逸話は有名だ。彼らのトークに笑い転げ、新しい音楽を知り、リスナーの失恋話に共感する。そんな深夜ラジオの想い出がある人なら、本書を読んで懐かしさを感じるかもしれない。

 第1話では、深夜ラジオ歴35年の河西信子が登場。彼女はケアハウスに入居した今でも、「TBSジャンク」や「オールナイトニッポン」をこよなく愛している。中でもお気に入りは伊集院光だ。「彼は自分の駄目なところや嫌なところも、話の端々に挟み、さらけ出すのだ。伊集院は決して自分たちを裏切らない。だから、自分も他のファンたちも絶対に彼を裏切らない」、そう信子は確信しながら、耳を傾けている。

 信子が深夜ラジオを初めて聴いた35年前、当時の彼女は心が張り裂け、泣きながら食器を洗っていた。二人の男の子には恵まれていたが、女の子を流産してしまったのだ。そのときたまたまつけたラジオから、「ビートたけしのオールナイトニッポン」が流れてきた。たけしがものすごい早口で楽しそうに話しているのを聴いているだけで、気がまぎれた。それ以来、深夜ラジオは信子にとって、欠かせない存在になった。

 第2話は夢破れた青年、筒井裕也の話。大学卒業後、仕事を次々に変え、シナリオライターを目指すも芽が出なかった裕也。ある日、友人からシンガポールのラーメン屋店長の仕事を紹介され、日本を離れることに。しかし、結局はその事業も失敗してしまう。

 そんな荒んだ彼の心に沁みたのは、高校時代の友人から餞別でもらったiPodだった。中には、その友人がダウンロードしておいた「オードリーのオールナイトニッポン」などが収録されていた。異国で悩む青年に、ラジオは何を語りかけたのか。

 収録されている5つの短編はそれぞれ独立しているが、共通の人物も登場しており、深夜ラジオがつなぐ縁を発見するのも楽しみのひとつだ。そもそも、タイトルの「ラジオ・ガガガ」はクイーンの名曲「Radio Ga Ga」に由来しており、あらゆる要素がラジオ愛にあふれた一冊になっている。


出版社:双葉社
書名:ラジオ・ガガガ
著者名:原田ひ香
定価(税込):1,512円
税別価格:1,400円
リンク先:http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-24034-4.html


西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]