西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

年間20万円以上おトクに!? 販売店が教えてくれないケータイの選び方

スマートフォン その使い方では年5万円損してます 武井一巳著
スマートフォン その使い方では年5万円損してます 武井一巳著
写真を見る

 節約の達人に聞くと、「お金を貯めるコツは、まず固定費を削減することだ」とこぞって口をそろえる。固定費とは家賃や住宅ローン、保険料など毎月決まった一定額の支出のこと。中でもスマホなどの通信料は見直せば家族4人で年20万円以上おトクになる可能性がある。では具体的にどう見直していけばよいのか、その方法を素人にも分かりやすく指南してくれるのが本書だ。

 実は、ガラケー(従来の携帯電話)やスマホにはキャリアと格安SIМの2種類がある。前者はドコモやソフトバンク、auなどの大手通信会社が販売しているもので電話番号付きの端末を指す。一方、後者は端末と電話番号を設定するICカードが別々に販売されているもの。キャリア以外の通信会社がキャリアの電波を借りてユーザーに又貸しすることで、低料金を実現しているのだ。その安さたるや、キャリアの料金が月々6000円~8000円以上かかるのに対し、格安SIМなら1600円からという驚きの値段。使うデータ量が少なくてもいいなら、月額無料という格安SIМさえある。SNSや、LINEなどの通話アプリに限ればその使用料はタダになるというものもあり、特に普段、電話以外のコミュニケーションツールをよく使う若い世代にはありがたい話だ。

 当然、「そんなに安いなんて何かウラがあるんじゃないの?」という疑問の声もあるだろう。しかし、前述の通り格安SIМは業者が借りた電波をユーザーが使用する仕組みで、違法でも何でもない。

 ただし、ガラケーやスマホの使い方によっては格安SIМの方が高くついてしまうこともある。たとえば、大容量のデータを扱う場合。データの使用量が最大容量のプラン以上になると基本的に追加データを購入しないといけないが、その追加データが高く設定されており、キャリアの家族シェアを利用した方が断然安上がりなのだという。

 それに、キャリアでしか利用できないサービスやサポートも存在する。販売店の提示したプランに唯々諾々と従うのではなく、「自分が何のためにケータイを使うのか」によって選ぶ必要があるのだ。

 もう、「ケータイのことはよく分からないから……」では済まされない。日々スーパーのチラシを見比べ、他の店舗より10円安い野菜を買いにひた走るよりも、手元の小さな箱の使い方を再度検討してみるのが、賢い消費者といえそうだ。


出版社:青春出版社
書名:スマートフォン その使い方では年5万円損してます
著者名:武井一巳
定価(税込):950円
税別価格:880円
リンク先:http://www.seishun.co.jp/book/18825/


西日本新聞 読書案内編集部

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]