永遠の幸せを信じる女の子たちにエールを送る、リアルな恋愛ストーリー

ずっと一緒にいられますように。 楠本Family著
ずっと一緒にいられますように。 楠本Family著
写真を見る

 500万人が使う動画コミュニティサイト『ミックスチャンネル』。りほだいごカップルとして、カップル動画を高校生のときから配信し始め、現在は楠本Familyとして活動している。本作は、そんな2人の出会いから現在までをつづったリアルな恋のストーリーである。

 2014年夏、里歩は家族と一緒に高校野球の県大会で市民球場へ足を運んだ。そこで見つけたのが野球の上手さが際立つショートの楠本くん。彼の名前が大悟だった。里歩が小学生の頃に夢中になって何度も読み返したとある漫画。そのヒロインの相手役の男の子の名前が「大悟」だったことから、いつか大悟という男性と付き合えたらいいな、と憧れていた里歩。彼女がツイッターに投稿した何気ない一言から2人の運命の歯車が回り始める。

 17歳で出会い、18歳で妊娠そして入籍。19歳で出産し20歳で結婚式を挙げた大悟と里歩。本作は各章で、二人が互いを想う気持ちや嫉妬、10代で親になることへの不安などが交互に語られており、そのさまが女子中高生から圧倒的な支持を得ている。大悟のサプライズプロポーズは胸キュンもの。女の子なら誰もが憧れるものだろう。

 10代といえば、運命の出会いを夢見て、思い切り恋に悩み、恋を楽しむ時期である。ほとんどのカップルが、その幸せを噛みしめながら「ずっと一緒にいようね」と約束を交わすことだろう。しかし、その約束が守られることは正直そう多くはない。それでも、小さな幸せをたくさん見つけ、大切にし、永遠の幸せにつなげていく大悟・里歩カップルに、恋に懸命に生きる女の子たちが勇気づけられるのもうなずける。

 現在は家族3人で幸せな日々を送っている楠本Family。出会いから3年、今もツイッターやブログなどで日常を発信し続けている。SNSでためらいなくさらけだす姿に衝撃を受ける世代も少なくはないが、彼らはこれからもさまざまなコミュニケーションツールを使って、多くのカップルへエールを贈ってくれることだろう。


出版社:KADOKAWA
書名:ずっと一緒にいられますように。
著者名:楠本Family
定価(税込):1,080円
税別価格:1,000円
URL:http://www.kadokawa.co.jp/product/321612000385/


西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]