あのムーが監修した異色の英会話本!超常現象が好きな人に

ムー公式 実践・超日常英会話 宇佐和通・著 石原まこちん・絵
ムー公式 実践・超日常英会話 宇佐和通・著 石原まこちん・絵
写真を見る

 超常現象専門誌『月刊ムー』の公式となる英会話の本。タイトルに「超日常」とある通り、紹介されている例文はUFO、幽霊、陰謀、滅亡などなど。世界のミステリースポットを旅するときに役に立つ?

 「ムー」といえば、オカルト情報が満載された老舗雑誌というイメージだ。今年で創刊38年目だという。本書はそのムー編集部が企画・監修した英会話の本となる。ひとことでいうと、“悪ノリ”ぎりぎりのところで踏みとどまった本だ。

 構成がまずすごい。「第1章 UFO・エイリアン」「第2章 陰謀・秘密結社」「第3章 心霊・怪談」…と章立てが超常現象を基準にしている。また「英会話」というタイトルが付いているが、例文には会話調でないものも多数収録されている。いくつか例文を紹介しよう。

・この街でUFOがよく出る場所を教えてください。
Where is the UFO sighting hot spot here in this town?

・スマホの壁紙がいつの間にか心霊写真になっていた。
My smartphone's wallpaper turned into a ghost picture while I was unawre.

 ひとつの例文に対し、イラストとキーワード解説、さらにステップアップの応用文が3例紹介され、欄外には補足メモが付いている。もちろん英語の勉強にはなるのだが、やはりポイントは「UFO」「ghost picture 」などの超常現象ワードだろう。

 真面目な英会話本というのは、相当なモチベーションがない限りとっつきにくいものだが、超常現象を軸にすることでスムーズに英語の勉強に入れることもあるだろう。いずれにしても、超常現象やムーが好きな人向けの企画本で、このノリについていける人にはおすすめだ。単なる英語の勉強に飽き飽きしている人には、かなり楽しめそうだ。


出版社:学研プラス
書名:ムー公式 実践・超日常英会話
著者名:宇佐和通・著 石原まこちん・絵
定価(税込):1,296円
税別価格:1,200円
リンク先:http://hon.gakken.jp/book/1340658000


西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]