洗顔だけで肌が生まれ変わる!? 14万人が訪れたサロンの「落とす美容」

『人生が変わる洗顔 顔を洗うだけの銀座の小さなサロンが14万人の肌をきれいにしたシンプルな方法』米澤房昭著
『人生が変わる洗顔 顔を洗うだけの銀座の小さなサロンが14万人の肌をきれいにしたシンプルな方法』米澤房昭著
写真を見る

 「お肌の悩み」というのは、女性にとっていくつになっても喫緊の課題といえる。シミやシワ、くすみにたるみに乾燥肌。畑を食い荒らす虫のごとく侵食してくる肌へのダメージに耐えかね、高価な美容液やクリームを片っ端から試しているという人も多いのではないだろうか。しかし、実はその美容液やクリームこそが肌に問題を起こしている元凶だというのだから驚きだ。

 本書の著者は、銀座で「米澤式健顔サロン」を営む米澤房昭氏。米澤氏の「健顔テクニック」とは15分間の洗顔と、クレンジングでゆるんだ毛穴を引き締めるための化粧水、そして少量の乳液のみで行う独自のスキンケアだ。たったこれだけで本当に肌の悩みが解消できるのか? と疑問に思ってしまうが、そう感じてしまうこと自体、今まで「誤ったスキンケア」に陥っていた証拠。

 実は、美容液やクリームをつけることで肌が栄養過多の状態になってしまい、たるみや毛穴の開き、吹き出物が引き起こされているというのだ。ではどうするかというと、クレンジングマッサージで肌の表面にある不要な角質や残ったメイクを落とし、代謝を促す。そして肌本来が持つうるおいを引き出そうというのが「米澤式健顔」の極意だ。

 たとえば、シワ。くっきり刻まれたシワをどうにかして取れないものかと四苦八苦している人もいるだろう。米澤氏いわく、「シワの主な原因は肌にへばりついている乾燥した角質。つまり洗顔で乾燥した角質を剥がし、その下のフレッシュな角質を出してあげればいいだけです。改善も早いですよ」とのこと。

 本書には、シワやメイクのひび割れに悩むあまり、接客業なのに顧客の前であまり笑わなくなってしまった40代後半の女性が登場する。彼女は高級美容液やオイル、クリームに手を出し続けていたが逆に腫れぼったくなってしまい、米澤氏のサロンを頼ったのだ。

 すると、なんとたった一回の洗顔でシワが浅くなり、自宅でも実践し続けたところシワが目立たなくなったという。シワが怖くなくなった彼女はまた接客の際に笑顔が作れるようになり、「お客様に前より話しかけられるようになった」と喜びの声を寄せている。

 洗顔ひとつで肌の質だけでなく、人生さえガラリと変わってしまう。具体的なマッサージ法はここでは省こう。ぜひ本書を片手に、極上のスキンケアを実践していただきたい。


出版社:講談社
書名:人生が変わる洗顔 顔を洗うだけの銀座の小さなサロンが14万人の肌をきれいにしたシンプルな方法
著者名:米澤房昭
定価(税込):1,296円
税別価格:1,200円
リンク先:http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062998864

 西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]