若い女性を中心に絶大な人気を誇る、神田沙也加渾身のプライベートブック

『Saya Little Player』神田沙也加著
『Saya Little Player』神田沙也加著
写真を見る

 「神田沙也加」という女性を知ったのは、ずいぶん前のことだ。俳優・神田正輝さんと一世を風靡したスーパーアイドル・松田聖子さんの一粒種。舞台やアニメ、ゲーム、ラジオなど幅広く活動し、中でもディズニー映画「アナと雪の女王」のアナ役を演じて若い女性のみならず世代を超えた支持を獲得したのは記憶に新しいだろう。そんな「芸能界のサラブレッド」たる彼女が2017年に俳優の村田充さんと結婚、さらに同年10月、31歳を迎えて何を思うのか……。その揺れ動く心情を赤裸々につづったのが『Saya Little Player』だ。

 本書には神田さんの生い立ちから、「有名人の娘」ならではの壮絶な幼少期、結婚、お気に入りの品々や心に残っている言葉についての想いまで美麗な写真とともに収められており、「さーやファン」必読の内容となっている。

 とりわけ、心ひかれるのが芸能活動休止中の出来事だ。休止中、アルバイトをしていた彼女は、毎日同じ時間に起きて身だしなみを整え、制服に着替えて働く……というような「大多数の人が経験していること」を、19歳で初めてやった自分にぞっとしたという。子どもの頃はマスコミに追われ、一人で外出することもできなかっただけに、その衝撃はひとしおだっただろう。そのまま就職しようかと考えていた頃、神田さんを芸能活動の道に引き戻したのは大地真央さんだった。心配して店にまでやってきた大地さんから舞台に誘われ、芸能界への復帰を決意したのだそうだ。

 現在、画面の中や舞台上できらきらと輝く彼女のオーラは、そんなどん底の時期をまるで感じさせない。いや、神田さんが文中で「私は数年に一度気持ちいいほどの伏線回収劇がある人生なんです」と述べている通り、一度迷い、葛藤したからこそ、より強い光を放つのだろう。

 もちろん、それには夫・村田さんの支えもあるに違いない。本書には二人のなれ初めやハワイでの挙式、「私は甘えん坊なので、スキンシップを大切にしてほしい」という二人だけのルールなど、新婚生活についても触れられている。両親の離婚の影響か、神田さんの恋愛観や家族観にはどこか影がつきまとう。しかし、それを含めてお互いがお互いを尊重しあう様は美しささえ感じさせるのだ。

 本書で、「神田沙也加」は「オトナの女性」として、また新たなベールを脱ぐ。年齢を重ねてますます深みを増す、彼女の魅力を味わっていただきたい。


出版社:マガジンハウス
書名:Saya Little Player
著者名:神田沙也加
定価(税込):1,620円
税別価格:1,500円
リンク先:https://magazineworld.jp/books/paper/2981/

 西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]