ズボラさんにこそおすすめ! がんばらずにお金を貯める家計簿練習帖

『1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖』あき著
『1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖』あき著
写真を見る

 累計1442万ビュー(2018年3月31日現在)の人気ブロガー、あき氏の「ズボラ家計簿」が書き込み式のノートになって登場。家計簿の使い方解説のあとすぐ、毎月の家計簿12ヵ月分、年間の家計簿、特別費年間予算表、費目別控えがあり、後半は家計簿活用術となる。

 1ヵ月間に記入するのは、毎月の家計簿2ページと年間の家計簿1列のみ。まずは難しく考えずにただつけてみる。2ヵ月目は予算を決め、支出を予算内に収める練習をする。2ヵ月終えたところで予算を守れているかをチェックし、3ヵ月目は予算を見直し予算を守れる仕組みをつくる。

 一般的な家計簿でよく使われている多くの費目を4~7種と大幅に減らしており、さらにライフスタイルに合わせて絞り込めば、記入も集計もラクになる。ラクだから続けられ、続けることで家計管理ができ、お金が貯まるようになるという、プラスのサイクルを回せるようになることだろう。

 3ヵ月目を終えたあたりで、一度巻末にある「貯められないタイプ別診断」を見てほしい。自分がどのタイプにあてはまるか、タイプ別改善策を参考に家計を見直してみよう。

 家計簿は便利なソフトやアプリもある。しかし、パソコンやスマホでつけると入力してそれで安心してしまい、見返すことが少ないのでは。より効果があるのは紙に書く家計簿かもしれないと、気づいた。書いてつけるほうが、振り返り、見返し、反省がしやすい。昨年はどうだったかという比較も、紙であれば2冊並べて簡単に比較できる。紙につけながら節約ポイントなど思いついたことを書いていく。そんな作業を続けることで、いつの間にか貯まる体質になっているのではないだろうか。

 ストレスをためないことが長続きの秘訣だ。コツをつかめば別の家計簿を使って応用することもできるが、本書を数ヵ月使ってみて自分に合ってそうと思えば、毎年買い足すのも手だろう。がんばるのが苦手なズボラさんにこそぴったり。実践的な家計簿練習帖をぜひ試していただきたい。


出版社:講談社
書名:1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖
著者名:あき
定価(税込):540円
税別価格:500円
リンク先:http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062998932

 西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]